<第2章>

クライマックスシリーズ、組み合わせ決まる



第30回記念関東草野球リーグは9月25日(日)にレギュラーシーズン全日程を終了し、

優勝戦進出チーム決定戦(通称・クライマックスシリーズ)に進出する全51チームが出揃った。

その顔ぶれを見渡すと、さすがに一年間の激戦を勝ち抜いてきたチーム同士とあって、

どのチームもチャンスは十分。優勝戦進出の切符をかけた争いは熾烈を極めそうだ。

そんな中、注目の組み合わせが下記の通り決まった。

試合は
土曜大会は10/8(土)
日曜大会は10/9(日)と10/16(日)の2日間の日程に分けて行われ、

今年度関東草野球リーグ優勝戦に進出するすべてのチームが決まる。









クライマックスシリーズに出場するチームは、各グループの優勝チームに加え、ワイルドカードに該当する1チームとする。

クライマックスシリーズは各階級ごとにトーナメント方式で行い、そこを勝ち残った2チームが優勝戦進出となる。
  なお、土曜1部については巴戦を行い、成績上位の2チームが優勝戦に進出(3チームの成績が1勝1敗で並んだ
場合は、グループ優勝の2チームが優勝戦に進出)となる。

○内の数字(@〜Gの数字)は、レギュラーシーズンの優勝チーム同士の成績順。※勝ち点→失点の順で比較。
ただし、勝ち点と失点が同数で並んだ場合は、年間通じての試合申し込み回数が多いチームを上位とする。
また、勝ち点と失点及び年間通じての試合申し込み回数も同数で並んだ場合は、抽選にて順位を決定する。

Wは、ワイルドカード枠。(ワイルドカードの決定方法についての詳細は、大会パンフレットの「開催要項」を参照)