土曜大会2部優勝戦 in メットライフドーム
※詳細は後日掲載いたします



×
(千代田区) (さいたま市)
11月3日(土)  土曜大会2部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
冨士機材 (千代田区) 0 4 1 0 0 1 - 6
 (さいたま市) 3 0 0 1 1 0 - 5



 Jは初回、2死から2つの四球とヒットで満塁とした後、6番南場が左中間を破る走者一掃タイムリー2ベースで3点を先制。追う冨士機材の反撃は2回。5番大矢のタイムリー3ベース、6番朝倉のタムリーヒット、9番吉野のタイムリーヒットに相手のミスを奪い逆転に成功。さらに3回にも相手のミスにつけ込み5-3と試合の主導権を握った。追うJは4回、7番古谷がライトスタンドへ飛び込むソロホームラン。5回には5番大石のタイムリー3塁打で5-5の同点に追いつく。追いつかれた冨士機材は6回2死満塁から、7番霜田のタイムリーヒットで1点を奪い勝ち越しに成功しそのまま逃げ切った。

○冨士機材 ●J
鈴木(慶)監督 田中代表
「正直、ここまで来れるとは思わなかったです。クライマックスでワイルドカードから勝ち上がって来たのも奇跡みたいな感じです(笑) 今日の試合は霜田が良くあの場面で打ってくれました。これで会社の方にも良い報告が出来て良かったです。来年は新入社員も入るので、チーム力を強化して一戦一戦勝つ野球を目指します」 「初回に3点を取っていけるかと思いましたが、見事に負けてしまいましたね(苦笑) ただ、白熱した試合ができて満足ですし、ミスもありましたが、Jらしいお祭り野球がドームでもできて楽しかったです。今年はリーグの初戦で負けたことで開き直れたのが、かえって良かったんだと思います。来年もここで出来るように頑張ります」