日曜大会7部優勝戦 in ZOZOマリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(さいたま市) (新宿区)
10月28日(日)  日曜大会7部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
鉄人Blue Devils (新宿区) 0 0 3 0 0 0 0 3
酔狂 (さいたま市) 3 0 1 1 0 0 × 5



 酔狂は初回、四球と内野安打でチャンスメイクすると、ここで4番内山がタイムリー3ベースを放ちまず2点。さらに四球を挟み6番関根(祐)のタイムリーで、いきなり3点を先取する。一方の鉄人Blue Devilsの反撃は3回。四死球でランナーを出塁させると、2番土田の内野安打の間に2人が生還。さらに続く3番浅利がタイムリー2ベースを放ち、試合を振り出しに戻す。追いつかれた酔狂はその裏すぐさま突き放す。先頭の3番酒井が3塁打で出塁すると、先ほど先制打を放った4番内山がまたしてもタイムリーを放ち勝ち越しに成功。さらに酔狂は4回にも相手エラーで1点を追加し、結局このリードを3人の投手リレーで守り逃げ切り勝ち。鉄人Blue Devilsは今シーズンの躍進を支えた打線が不発に終わり惜敗した。

○酔狂 ●鉄人Blue Devils
塚田監督代行 木内GM
「今年はようやくCS突破ができ、その勢いのまま、今日も理想的な展開で勝つことができました。途中追いつかれてもすぐに突き放せたのが大きかったですね。今シーズンは世代交代がうまくいったのが勝因でしたね。来年は上の階級に昇格しますが、すぐに降格してしまわないように精一杯頑張ります(笑)」 「やるからには優勝を狙っていましたが、さすが決勝戦だけあって甘くはなかったですね(苦笑) ミスをした分だけ苦しくなってしまいました。今年は多少打たれても打ち返す打線でここまでこれましたが、今日は試合運びで課題がありましたね。結果は残念ですが、夢のプロ球場で楽しく完全燃焼できました」