日曜大会6部優勝戦 in ZOZOマリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(横浜市) (さいたま市)
10月28日(日)  日曜大会6部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
K12Q (さいたま市) 0 1 0 0 1 0 0 2
Bambino (横浜市) 0 2 0 0 1 0 × 3



 K12Qは2回、先頭の5番久保が3ベースで出塁すると続く6番滝下がセンターへ弾き返し、見事な連打で1点を先制。Bambinoもその裏すぐさま反撃。先頭の4番大勝のヒットと進塁打で1死2塁とすると、6番小金沢がレフトへタイムリー2ベースを放ちまず同点。さらに2死後、8番清水がライトへタイムリーを放ち2点目。この回3本のヒットを固める集中打を浴びせ、一気に逆転に成功した。追うK12Qは5回、内野ゴロの間に同点とするが、その裏Bambinoも四球で出たランナーを得点圏に進めると、相手エラーでランナーが生還。結局これが決勝点となり、Bambinoが接戦を制した。

○Bambino ●K12Q
大勝監督 西田主将
「こんなところまで来れるとは思ってませんでしたし、しかも勝つことができるなんて・・・ 信じられません。前進のチームから再出発したシーズンでしたが、試合を重ねる度に経験値が上がり、また、美澤兄弟や野路を中心に勝ち進む毎にチームがまとまっていきました。マリンでナイターができるなんて、人生で一度あるかないかの貴重な体験ができました」 「今日はマリンという大舞台のお蔭で、はじめこそ緊張しましたが、皆いつも以上にパワーが出せた気がします。エラーは計算通り(笑) 欲を言えば久保の前にランナーを出したかったですね。この一週間、仕事中にエクセルでどこでどう人を使うかをずっとやってきたので、全員が守備機会1回と打席を1回ずつ経験させることができ、ホッとしました(笑)」