日曜大会5部優勝戦 in ZOZOマリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(志木市) (さいたま市)
10月28日(日)  日曜大会5部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
紅さそり隊 (志木市) 2 1 1 0 0 1 - 5
FINAL STAGE (さいたま市) 2 0 0 1 0 0 - 3



 常にリードを保ち続けた紅さそり隊が粘るFANAL STAGEの反撃を振り切り逃げ切った。試合は初回から動く。紅さそり隊は3番高久のタイムリー3ベースと4番月岡の犠牲フライで早々に2点を先制するが、その裏FANAL STAGEも4番兼本・5番横森の連続タイムリーで得点を挙げ、すかさず同点とする。追いつかれた紅さそり隊は直後の2回、四球とヒットで1死1・2塁とすると相手エラーで1点を挙げ勝ち越し。さらに3回にはエラーで出たランナーを内野ゴロの間にかえし、4-2とリードを広げた。一方のFANAL STAGEも相手を上回る安打を放ち毎回ランナーを塁上に送り込むも、4回に犠牲フライで1点を返すのが精一杯。決め手を欠き、残塁8と拙攻が目立った。

○紅さそり隊 ●FINAL STAGE
柴田監督 大石監督
「打つべき人が打って、点を取るところでしっかり点を取れました。追う展開にならなかったのが良かったですね。全員出場させてしかも勝つことができ、理想的な試合でした。リーグ戦初参加でしたが、みんなが同じ方向を向いて一丸となれたシーズンでしたね。みんな初マリンということで、テンションが上がりっぱなしでした(笑)」 「悔しいですね・・・ 優勝したかったです。全体的にフワッとしていて、運もなく、大味な野球になっちゃいました。マリンは距離感など慣れるまでにちょっと時間がかかりましたが、普段できない本当に貴重な経験ができました。個人的にはマリンのアナウンスの方に自分の名前をコールしてもらって、すっごく感動しました(笑)」