日曜大会7部優勝戦 in メットライフドーム



×
(横浜市) (狭山市)
11月25日(土)  日曜大会7部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
ろくぶんのさん (横浜市) 2 0 0 3 0 3 - 8
ドン☆タコス (狭山市) 0 4 0 0 0 0 - 4



 ろくぶんのさんが一時逆転を許すも、中盤以降に得点を重ね打ち勝った。ろくぶんのさんは初回に5番村上、6番小久保の2者連続のタイムリーで幸先良く2点を先制。一方追うドン☆タコスは2回、相手失策やフィルダースチョイス、8番太田の左中間を破るタイムリー2ベースなど打者一巡の猛攻で一気に4点を挙げリードを奪う。しかし、ろくぶんのさんも4回に反撃。生田の2点タイムリーなどで3点を追加し逆転に成功すると、6回には蛭田の2点タイムリーなどでさらに得点を重ね試合を決定づけた。ドン☆タコスは3回以降は打線に元気がなく、無念の準優勝に終わった。

○ろくぶんのさん ●ドン☆タコス
町元監督 橋本監督
「今日は勝敗よりも楽しむ野球を優先しましたので、CSよりも緊張しないで試合ができましたね(笑) 今年はとにかく失点が多かったですが、ここまで来れて満足しています。来年は5部で戦っていくことになりますが、今日の2番手で投げた亀井が計算できるので、三上・亀井・宮田の3本柱で接戦に競り勝つ野球を目指します」 「まさかメットライフドームのような大舞台で試合ができる日が来るとは、夢にも思いませんでした。逆転に成功した2回は、本当に感動しましたね(笑) 最後は力尽き負けてしまいましたが、楽しんで試合をすることが出来ました。うちはアラフォーのメンバーが多いので、来年も一年間怪我をしないように心がけて頑張ります(笑)」



▲優勝したろくぶんのさん・町元監督 ▲ヒーローの生田選手と町元監督