日曜大会6部優勝戦 in メットライフドーム



×
(さいたま市) (松戸市)
11月25日(土)  日曜大会6部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
BLACKS (さいたま市) 2 0 0 0 3 - - 5
POS (松戸市) 1 0 1 0 1 - - 3



 BLACKSが接戦を制して6部のチャンピオンに輝いた。BLACKSは初回、柳沢のタイムリーなどでいきなり2点を先制。対するPOSも直後の1回の裏にノーヒットながらうまい攻撃ですぐさま1点を返し1-2と1点差に迫る。さらに3回には2死満塁から7番榎尾が押し出し四球を選び、ついに試合を振り出しに戻した。試合はそのまま迎えた最終回に動く。BLACKSは2番日高の3ベースなどで無死1・3塁の勝ち越しのチャンスを作ると、ここで本日ここまでノーヒットの4番杉田がレフトオーバーの2点タイムリー3塁打を放ち勝ち越しに成功。さらにその後も追加点を奪いこの回計3点を奪いリードを広げた。後がないPOSはその裏、無死満塁の大きなチャンスを作るも、内野ゴロの間に1点を返すにとどまり反撃もここまで。BLACKSが逃げ切った。

○BLACKS ●POS
田中監督 木村監督
「接戦でしたね(笑) 相手のPOSさんも打線が良かったので、『負けられないな』と思っていました。今日はクリーンアップが大事なところで打ってくれて、いつも通りのうちらしい野球が出来ましたね。みんなドームで試合ができて喜んでいます。来年からは、今年一年貫いてきたノーサイン野球は一旦封印して、緻密な野球にも取り組んでいこうと思います」 「勝負事なので、負けてしまったことはやっぱり悔しいですね・・・ 最初から最後までエラーの連鎖に泣かされました(苦笑) BLACKSさんの胴上げを見ていて、次はうちもここで胴上げをできるようになりたいという気持ちがより一層強くなりました。野球経験のないメンバーもようやく慣れてきたので、来年はもう少しレベルアップした野球を目指します!」



▲優勝したBLACKS・田中監督 ▲ヒーローの杉田選手と田中監督