日曜大会2部優勝戦 in メットライフドーム



×
(市川市) (野田市)
11月26日(日)  日曜大会2部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
市川エンジェルス (市川市) 1 3 4 0 0 - - 8
P'z (野田市) 2 0 1 0 0 - - 3



 市川エンジェルスは初回、核弾頭・山本がいきなりライトフェンス直撃の2塁打で出塁。その後続く2番原崎、3番染谷の連打で幸先良く1点を先制する。しかしP'zも直後にすぐさま反撃。1番荒井(直)、4番荒井(一)の2本の長打などで2点を奪い逆転に成功した。リードを許した市川エンジェルスだが、2回に再び試合をひっくり返す。2死から1番山本が同点タイムリー、さらに走者を2人置き4番内田が勝ち越しの2点タイムリーを放ち4-2とする。市川エンジェルスは3回にも連続四球にタイムリーで試合を決める4点を叩き出し打ち勝った。一方のP'zは3回に5番伊藤(岳)のタイムリーで1点を返すも反撃はここまで。その後は両チーム得点には至らず、市川エンジェルスが日曜2部の頂点に立った。

○市川エンジェルス ●P'z
谷脇主将 荒井(一)監督
「21世紀枠の抽選を見に行ってハズレだったので、何としても自力でドームに行くと決めていました(笑) 今日はここまで打ってくれるとは正直思わなかったですね。150%の力が出せました(笑) 今年から自分が監督になってチームを立て直していた最中でしたが、嬉しいご褒美になりました。今後ももっと上を目指してチームを強くしていきたいです」 「今日はこのような大舞台でしたが、普段からみんなでやっている“声の掛け合い”が最後まで出来たので満足です。でも、負けたのはちょっぴり悔しいですね(苦笑) 試合後、エンジェルスさんの胴上げを見ていて、自分もいつかは胴上げされたいと思いました。次はリベンジです!これからも4番・捕手・監督の兼務は大変ですが、チームのために頑張ります」



▲優勝した市川エンジェルス・谷脇主将 ▲ヒーローの内田選手と谷脇主将