日曜大会1部優勝戦 in メットライフドーム



×
(川口市) (つくばみらい市)
11月26日(日)  日曜大会1部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
ミステリアス (川口市) 0 0 0 0 1 2 0 3
APUTIPA (つくばみらい市) 0 0 0 0 0 0 0 0



 ミステリアスが完封勝利で2年連続となる関東草野球リーグ王者に輝いた。初回、APUTIPAは1番石川、2番古谷の連続ヒットで先制のチャンスを作るも、後続が倒れ先制機を逃す。2回には、この回先頭の6番天神が右中間を破る3塁打で出塁。続く村田の当たりはライトフライ。タッチアップ成功で先制かと思われたが、3塁走者の離塁が早くアピールプレーでまさかのアウト。先制のチャンスを潰す。一方のミステリアスは5回、2死ながら1・2塁のチャンスを作ると、この日ラッキーボーイ的な存在で今季新加入した2番福島がフルカウントからセンターへのタイムリー2ベースを放ち1点を先制。重い均衡を破った。続く6回にも、この回先頭の4番鎌田のヒットを皮切りに1死1・2塁のチャンスを作ると、ここで打席に入った7番榎本が初球を弾き返しこれがタイムリー3ベースとなり、さらに2点を追加して勝負を決めた。投げては、ミステリアス右のエース木田が再三のピンチを退け見事に完封勝利を決めた。

○ミステリアス ●APUTIPA
羽生主将 古谷代表
「今日の試合はいつも通りのうちの野球ができましたね。各々が自分の役割を分かって試合に臨んでいるので、サインはほとんど出していません。ただ、2連覇こそ出来ましたが、まだまだチームとして改善したいところもあるので、これからもみんなで意見を出し合いながら、来年もまたドームで試合ができるように頑張ります!」 「グループ優勝を目指してやってきたので、まずは目標を達成出来て良かったです。今日は先制出来ていればまた違った展開だったと思いますが・・・ 結果は負けましたが、うちらしくメンバー全員を試合に出すことができました。“みんな仲良く、楽しく野球をする”をモットーに、来年からもこの仲間でずっと頑張っていきたいですね」



▲優勝したミステリアス・羽生主将 ▲ヒーローの木田投手と羽生主将