<21世紀枠選出チームの声>
特別試合に臨む両チーム代表に直撃インタビュー!!
 昨年度から新たに導入され注目を浴びている『草野球版・21世紀枠』。先日行われた公開抽選会にて今年度は、東久留米ファイヤーズ(東久留米市)と共立メンテナンス(千代田区)の両チームが参加全チームの中から見事に抽選をくぐり抜け選出された。
 ここでは、11月25日(土)にメットライフドームにて行われる21世紀枠特別試合を直前に控え、またとないビッグチャンスを手にした両チームの代表に、直撃インタビューでその心境を語っていただいた。



VS
(東久留米市) (千代田区)
藤原 翔太主将 佐藤 紗織監督
奇跡が起きました(笑)
プロ野球選手になった気分で、
ドームを思い切り楽しみます!!
まさか自分たちが選ばれるなんて!!
応援に来る家族の前で、
格好いい姿を見せて欲しいです。
ー 21世紀枠選出、おめでとうございます。 ー 21世紀枠選出、おめでとうございます。
 もうシーズンは終わったと思っていたので、選出の連絡をもらった時は、頭が真っ白になりましたね。まさかの大事件発生!! 奇跡が起きました(笑) 素敵なプレゼントをいただき本当にうれしいです。  チームの代表から「今度、ドームに出場することになりました」と連絡があったんですが、最初は何のことか意味がさっぱり分かりませんでした(笑) しばらくしてようやく飲み込めたという感じです。
ー 21世紀枠のことはご存知でしたか? ー 21世紀枠のことはご存知でしたか?
 一応は頭の片隅程度にはありましたが、チーム数も多いし到底無理だと思っていました。知り合いのチームからも、「何でお前たちが先に行くんだよ!!」と、かなりいじられています(笑)  ホームページを見たりして、その存在は知ってましたが、まさか自分たちが選ばれることになるなんて・・・ 本当にビックリしました(笑) うれしくて人生初の自分用グローブも買っちゃいました(笑)
ー 今シーズンはどんなシーズンでしたか? ー 今シーズンはどんなシーズンでしたか?
 うちは元々地元の小中の仲間で作ったチームなんですが、試合数を増やしたくて今年からこのリーグに参加さてていただきました。目標だった1勝も挙げることができましたが、ただ今年はあまりに打てなさすぎ(笑) ドームに向けて、前日の金曜にバッティングセンターに集合して、一人千円ぐらい打ち込みをしてきます(笑)  うちは会社の野球好き仲間が集まって20代から50代まで老若男女幅広いメンバーがいますが、なかなか仕事のシフトがかみ合わず、人数集めには苦労しましたね。現在は同好会という位置づけですが、今回いただいたこの貴重な体験をきっかけに来年の飛躍につなげ、いずれは野球部に昇格できればと思っています(笑)
ー いよいよドームの日が近づいてきました。 ー いよいよドームの日が近づいてきました。
 思わぬ形で夢が叶いました。プロ野球選手になった気分で、勝ち負けは気にせず思い切り楽しもうと思います。今回の件はファイヤーズ史に残る大きな出来事。向こう3年ぐらいは、お酒がおいしく飲めそうです(笑)  みんな昼休みなどにキャッチボールをしたりして高めているようですね(笑) 当日は選手たちの家族も応援に来るみたいなので、勝敗というよりも、みんな家族の前でぜひ格好いい姿を見せられるように頑張って欲しいですね。