▲最終回2死満塁のピンチの場面で、好投のエースを諦める決断を下したck Diver's。用意の継投策をズバリと的中させ、白星を手にした。

4月9日(日) 日曜大会 5部I 1 2 3 4 5 6 7
Devil Wings (さいたま市) 0 0 0 0 0 2 - 2
ck Diver's さいたま市) 3 1 0 0 0 × - 4

ck Diver's ・滝澤代表
「初回の攻防が大きかったですね。表のピンチをしのいで守備からリズムを作り、その裏2死から4番の松橋のホームランで先制して、いい形で流れをつかめました。中盤以降は次の1点がなかなか取れず嫌な展開になりましたが、何とか初戦を勝利で飾れてホッとしています(笑) 昨年、松橋がノーヒットノーランの力投を演じながらも負けてしまった試合があり、その教訓から、あらゆる場面を想定した事前の準備と心構えを課題に、このオフも20試合ぐらいをこなしてきました。それが今回こうして実を結び、改めてやってきてよかったと実感しています」

Devil Wings・美坐監督
「惜しかったですね・・・ 負けてしまって残念ですが、いつも通り楽しくできました。序盤からずっとヒットが出ず、『これはどうなることか』と思ってましたが、満塁のピンチを無失点で切り抜けた中盤あたりから、ベンチでは『流れが来てるゾ』とは言ってました。実際、みんな懸命にしがみついて最後の最後に得点もできましたし、うちのモットーでもある笑顔もたくさん出て、今シーズンの初戦としてはいい内容だったと思います」






大会1日目 (4月8日・4月9日)
開幕戦
試合速報


1部 グループB

SHY(中央区) 8 × 1 東京ローヤーズ(千代田区)

1部 グループC

東伏見ベースボールクラブ(西東京市) 0 × 0 KGLADS(中野区)

1部 グループD

エクスプレスⅡ(狭山市) 8 × 8 パイレーツ(さいたま市)

2部 グループD

MBCさいたま(さいたま市) 6 × 4 常笑(さいたま市)
MBCさいたま(さいたま市) 5 × 0 ブブカ(川越市)

3部 グループC

マーク ブラックス(新宿区) 7 × 6 Alignment(横浜市)
 
 
  3部 グループE  
 
 
  巨魂会(さいたま市) 7 × 7 がんばれ☆元気(さいたま市)  



1部 グループD

テキサスバーガーズ(武蔵野市) 6 × 3 カージナルス(さいたま市)

2部 グループF

SBC(さいたま市) 8 × 6 ウエストレインボーズ(ふじみ野市)

3部 グループA

アーステクニカ(八千代市) 10 × 1 ルーツ ブラック(柏市)

3部 グループD

First Planners(千代田区) 8 × 7 新河岸シンガーズ(板橋区)

4部 グループB

オディーキャッツ(葛飾区) 1 × 0 Sky Beams(市川市)

4部 グループG

スパーク(東大和市) 5 × 2 横浜サザンクロス(八王子市)

4部 グループJ

t.h.c(さいたま市) 7 × 0 クラブゼウス(さいたま市)

5部 グループH

ZICK(川口市) 2 × 0 RIZIN(所沢市)
バッドボーイズ(川口市) 4 × 1 ドンキーズ(東松山市)
T・Yフェニックス(上尾市) 7 × 3 バッドボーイズ(川口市)

5部 グループI

ck Diver's(さいたま市) 4 × 2 Devil Wings(さいたま市)
シェアーズ(川越市) 8 × 6 POWER HALL(さいたま市)

5部 グループJ

リューズ(さいたま市) 7 × 0 野球パワーズ(さいたま市)

6部 グループB

INFINITY(千代田区) 7 × 3 小宮丸(千代田区)

6部 グループG

ラスベガス(ふじみ野市) 6 × 0 マツリサワーズ(富士見市)

  6部 グループH  

  ファンキーズ(さいたま市) 8 × 4 MOUSE(さいたま市)  
  MOUSE(さいたま市) 6 × 5 安田スワローズ(さいたま市)  
 
 
7部 グループD

成増興業野球部(練馬区) 15 × 5 聖徳イーグルス(府中市)

7部 グループE

ジオン軍(さいたま市) 4 × 1 @Sky(さいたま市)