<第4章>

プレーオフ展望




<土曜大会2部>



 第1シードのJ-PHARMACIES(浦安市)が一歩リードか。今年も4番・西を中心に竹内、野口らの打線に切れ目がなく、エース大久保を軸とした投手層も厚い。BLASTERS(文京区)はレギュラーシーズン最終戦の直接対決で勝利し、逆転でプレーオフ進出を果たした。初戦を勝つと次戦でドームをかけてJ-PHARMACIESとの対戦となるが、打ち出したら止まらない強力打線で対抗したい。ワイルドカードで出場の龍(目黒区)は強打のチームとの対戦が続くだけに、投手陣がどこまで踏ん張れるか。もう一方ゾーンのダブルプレー(川崎市)㈱鷺宮製作所 狭山(狭山市)の対戦は、両チームともハイレベルな選手を多く擁しており引き締まった好ゲームが期待できそうだ。






<土曜大会3部>



 今年も例年同様混戦模様だ。上段は、アイショウズ(港区)が安定した投手陣で一歩リードする。追うのはワイルドカードで出場ながら投打のバランスが良いE.C.Next(松戸市)か。ドーミーズ(さいたま市)は投手陣の踏ん張りが上位進出の鍵を握る。下段は、攻守にスキがないルーキーズ千葉(野田市)を相手にマックィーン(所沢市)が競り合いに持ち込めるかがポイントだ。






<土曜大会4部>



 抜け出たチームはなく、大混戦が予想される。第1シードの八潮old rookies(八潮市)も息が抜けない。大会屈指のスター選手・安田率いるJTT(港区)とワイルドカードでプレーオフ出場を決め意気上がる鴉(練馬区)の勝者と当たるドームをかけた戦いは白熱した展開になりそうだ。セキサン(横浜市)HILLS RED(江東区)の一戦は双方の戦力が拮抗しており接戦が予想される。






<日曜大会1部>



 関東草野球リーグを代表する強豪チームが揃う豪華な顔ぶれとなった。中でも注目は初戦で当たるミステリアス(川口市)PIECE(多摩市)の一戦。このカードは昨年の優勝戦の再現で、いきなり今大会屈指の好カードが実現した。ミステリアスは大会でもお馴染みの左腕・三戸、右腕・木田の2枚看板が今年も安定感のある投球を見せている。PIECEもエース柴が連戦連投で登板し、しぶとい打線で援護する昨年同様の必勝パターンが確立されている。昨年西武ドームで行われた両者の戦いは延長サドンデスにもつれ込む大熱戦となった。今年はどのような展開になるのか注目だ。この勝者をドーム決定戦で迎え撃つとん吉(北区)は主砲の小林らが奮起し競り合いに持ち込みたい。今年でチーム創部50周年の節目の年を迎えるとん吉。記念の年をドーム進出で飾りたいところだ。下段は、好左腕・今の投球が楽しみなミスターズ(鎌ヶ谷市)、千葉県屈指の強豪・千葉日野自動車野球部(千葉市)、主砲・中川を軸に攻撃力のある球嵐(習志野市)が三つ巴の混戦模様だ。






<日曜大会2部>



 上段は、上位常連の全谷塚野球俱楽部(さいたま市)が一歩リードか。投打に選手層が厚く順当にいけばこのブロックを勝ち上がる可能性は高い。追うのは攻守に身体能力が高い選手が揃う㈱ナンセイ(三郷市)か。今年は、おおらかな野球からサインプレーなど組織的な動きを取り入れ、一気にその潜在能力が開花した。エース上間の出来次第ではドームも十分狙える。エンジェルス(松戸市)は嬉しい悲願のプレーオフ初出場。今季から加入した若いバッテリーを軸に波乱を演出したい。下段は、どこが勝ち上がるかわからない混戦模様。総合力の高いKawaguchi club(川口市)中心の展開が予想はされるが、初戦で対戦するワイルドカードで出場の東伏見ベースボールクラブ(西東京市)はエース渡辺、勝負強い5番・大前と投打の軸がしっかりしており侮れない。GENUINE(葛飾区)は大村、中山らのクリーンアップを中心に破壊力のある打線が自慢。楽ジャンイーグルス(世田谷区)も初戦を乗り切れば厚い選手層を誇るだけに勢いに乗りそうだ。






<日曜大会3部>



 上段は、投打に充実した戦力が揃うNomad Yankees(港区)が頭一つ抜け出している。エースで中軸を打つ木村を軸に俊足の1番・曽我部ら機動力も高い。追うのは、投打にチームを引っ張る飛永の活躍が楽しみなAfter School(草加市)、頼れる4番・宍倉、強打の5番・深野ら力のある打者が揃うFOLGORARE(横浜市)か。また、創部以来初のグループ優勝で勢いに乗るクラシックロード(船橋市)、レギュラーシーズン最終戦でプレーオフ進出を決めたハイクルー(小金井市)にも注目だ。対照的に、下段は強豪チームの実力が伯仲する組み合わせとなった。大和田fires(野田市)Hustlers(我孫子市)の1回戦は好カード。大和田firesは栗田、Hustlersは大場と両チームとも頼れる主砲が引っ張る。ヤイターズ(つくばみらい市)はエース井上を始め投手陣が充実している。また、強打者・古渡、中島、山口ら力のある打者も多く、このゾーンを勝ち上がる有力候補だ。さらに、得点力が高いあをによし(新座市)、最年長・星の打撃が楽しみな南中野マックス(中野区)、堅守が自慢のオールプロデュース(さいたま市)も上位を狙える力がある。






<日曜大会4部>



 昨年と同じく飛び抜けたチームがなく、混戦が予想される。まこと野球クラブ(北区)は絶対的エース高橋(輝)を中心に堅守が光り、打線は少ない好機をものにする試合巧者。上段でまこと野球クラブとドームを争うのは、投手力が安定しているAPP(つくばみらい市)か。打線も下位打者まで勝負強く切れ目がない。APPは初戦で当たる打力の良いROUGES(大田区)戦を乗り切れば一気の頂点も狙えるだろう。下段で注目したいのが、1回戦から登場するファレノプシス(北葛飾郡)。エース滝田(裕)の投球に安定感があり、若山、斎藤が中心の打線が力を発揮するかが初出場でドーム進出への鍵となる。ファレノプシスが初戦を勝ち上がれば、次戦で当たるBLACK BRAVES(朝霞市)はエース仁前に4番・杉原ら勝負強い打者が揃い、接戦に自信を持つ。レギュラーシーズン2位通過のニチレイ(横浜市)は投打のバランスが良く、DOMES(千代田区)も打線が活発だ。






<日曜大会5部>



 突出したチームが見当たらず、例年以上に本命不在の混戦が予想される。上段は、レギュラーシーズン1位通過のAYB(さいたま市)が軸になりそうだが、初戦が大きなカギになる。デンソー東京(さいたま市)は吉田、古谷ら中軸の打撃が好調だ。投手陣の出来次第では十分に代表が狙える。阪神タイガースと同じユニフォームのHORIタイガース(江戸川区)は7部時代からプレーオフの常連で、豊富なポストシーズンの経験を活かしたい。常楽(取手市)は近年世代交代が進んでいるが、経験豊富な投打の軸・冨田を中心に粘り強い。下段ゾーンはさらに混戦模様だ。t.h.c(東久留米市)は投打のバランスが良い。好打者・上松を中心に打撃力もあり、レギュラーシーズンの成績からこのゾーンを勝ち抜く有力チームと見られる。また、HSI(千代田区)は昨年に引き続き2年連続でプレーオフ出場。今年こそは悲願のドーム出場を掴みたい。さらに、このゾーンで注目したいのは蔵(江東区)。エース・奥村がレギュラーシーズンの最終戦でアクシデントにより降板。試合も敗れワイルドカードでの出場となったが、3番・滝沢を始め得点力が高く面白い存在だ。






<日曜大会6部>



 絶対的な本命はいない混戦模様だ。上段の1回戦で当たるプアガイズ(松戸市)GUNNERS(杉並区)戦は楽しみなカード。プアガイズは投打の要・杉浦を擁し、勝負強い打者が揃う。また、GUNNERSも不動の4番・松本を中心に、佐藤・小林の投手2枚看板が心強い。ともに初戦を突破すれば初のドームが見えてくる。下段は、ダンディーエース・浅沼を擁する野人(豊島区)がややリード。今年50歳を迎えた浅沼は丁寧な投球で打者を翻弄する。野人を追う1番手はDKC GOLDENBALLS(豊島区)か。長島、清水(悠)、静らで形成する中軸が活発だ。






<日曜大会7部>



 フレッシュなチームが多く揃った今年の7部。攻守に力が拮抗しており、ドーム出場のチャンスは多くのチームにある。神谷カイザーズ(北区)は勝負強い打撃と堅守でレギュラーシーズン1位通過を勝ち取った。酔狂(さいたま市)はエース笹野、1・2番コンビの関根、関口が攻守の軸になり、チームを引っ張る。下段ゾーンでは、MELL ROSE(横浜市)バチコンズ(杉並区)の対戦に注目。レギュラーシーズン2位通過で総合力の高いMELL ROSEだが、ワイルドカードでのプレーオフ進出ながら若手中心で勢いのあるバチコンズとの初戦は接戦必至だ。