日曜大会5部優勝戦 in 西武ドーム



×
(さいたま市) (さいたま市)
11月30日(日)  日曜大会5部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
クロフネ (さいたま市) 0 0 0 0 0 1 0 1
SBC (さいたま市) 0 0 0 1 0 1 × 2



 先制したのはSBC。4回の裏、先頭の3番・下田が3塁打。続く4番・竹之内の内野ゴロの間に3塁走者・下田が捕手のタッチをうまくかいくぐるスライディングで1点を先制。追うクロフネの反撃は6回。1死からライト前ヒットと外野失策の間に走者を3塁に進めると、3番・安藤がレフト前にタイムリーを放ち1-1の同点に追いつく。しかし追いつかれたSBCはその裏、1死2塁から4番・竹之内がレフトの頭上を越える3塁打を放ち勝ち越し。結局これが決勝点となり、SBCが多くの応援団に応える劇的な勝利で熱戦を制した。

○SBC ●クロフネ
重藤監督 坂下監督
「厳しい戦いでした。決勝打の竹之内は最近調子が上がっていたので、何とかしてくれると思っていましたが、打った瞬間は感動しました。今日は会社を挙げてたくさんの人が応援に来てくれていたので、その期待に応えられてホッとしています(笑)」 「予想以上の投手戦でしたが、1つのミスが勝敗につながってしまいました。理想的な展開ではあったのですが、最後は粘り負けですね。ドームはいい雰囲気で最高の場所でした。勝てればよかったのですが、この課題は来年以降に取っておきます」