▲神指一門は2回に6番坂尻の一打で先取点を奪うと、投げてはその坂尻がマウンド上でもSCRAP打線の前に仁王立ち。1-0で快勝した。

6月22日(日) 日曜大会 2部B 1 2 3 4 5 6 7
SCRAP (鎌ヶ谷市) 0 0 0 0 0 0 0 0
神指一門 (江東区) 0 1 0 0 0 0 × 1

神指一門・岩田監督
「今日の試合はイメージ通りの先行逃げ切りで勝つことができました。エースの坂尻が危なげないピッチングをして、見事に期待にこたえてくれましたね。打線も1点しか奪えませんでしたが、強いライナー性の当たりもあったので、次からの試合も楽しみです。今後も「守り勝つ野球」と「スキをみせない野球」を常に目指していきたいですね」

SCRAP・佐藤監督
「エースの小泉(将)がよく最少失点に抑えてくれましたが、打つ方でなかなかあと1本が出ず、序盤にせっかく相手からもらった先制のチャンスを生かしきれませんでした。うちのグループは、まだ抜け出したチームはいないので、最後まで諦めないで戦っていきたいと思います」




大会11日目 (6月21日・6月22日)
試合速報


1部 グループB

超二流(さいたま市) 6 × 1 東京ドーム(文京区)

2部 グループA

リバーサイドスターズ(墨田区) 12 × 4 クボタBow's(中央区)

2部 グループB

トヨタ ベースボール クラブ(千代田区) 11 × 1 F・Families(千代田区)
IHI(千代田区) 7 × 1 東京ブラックアンドブルー(港区)
IHI(千代田区) 6 × 5 芙蓉総合リース㈱(千代田区)

2部 グループC

泉ブルーシャークス(戸田市) 5 × 0 MASAMUNE(横浜市)
日本ウェルネス(板橋区) 7 × 1 ニグラス ユニオン(春日部市)

2部 グループD

東洋インキ埼玉(川越市) 3 × 3 東京石川島アイブラッズ(さいたま市)

3部 グループA

ルーキーズ ちば(八千代市) 7 × 1 MJS(新宿区)
J-PHARMACIES(浦安市) 4 × 3 ルーキーズ ちば(八千代市)

3部 グループB

汐留BB団(港区) 0 × 0 テマソ東(北区)

3部 グループC

緑屋野球部(中央区) 2 × 0 フラワーファイヤー(中央区)
ビールアームス(中央区) 8 × 4 Team D(三鷹市)

4部 グループA

SGM(台東区) 5 × 4 FLYING FISH(墨田区)
Laugh Diamonds(船橋市) 3 × 2 D-Bisons(江戸川区)
 
 
  4部 グループB  
 
 
  ボイジャー(品川区) 16 × 6 スーパーレボリューション(千代田区)  
 
 
  4部 グループC  
 
 
  SHUTTERS(世田谷区) 17 × 0 BLUE BLADES(西東京市)  
 
 
  4部 グループD  
 
 
  JICStars(川越市) 9 × 5 武蔵ドランカーズ(さいたま市)  
  横浜三矢商事(さいたま市) 14 × 14 武蔵ドランカーズ(さいたま市)  
  横浜三矢商事(さいたま市) 4 × 4 Young Money(さいたま市)  



1部 グループA

ダイバース(つくば市) 7 × 1 習志野台スターズ(船橋市)

2部 グループB

神指一門(江東区) 1 × 0 SCRAP(鎌ヶ谷市)
常盤平フラワーズ(柏市) 18 × 1 東京かしわクラブ(江戸川区)

4部 グループA

ヤイターズ(つくばみらい市) 10 × 1 WILLYZ船橋(船橋市)
 
 
  4部 グループC  
 
 
  Baristsrs(新宿区) 7 × 0 呂布(文京区)