日曜大会1部優勝戦 in 西武ドーム



×
(江東区) (港区)
11月27日(日)  日曜大会1部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
ZEALエレファンツ (港区) 0 0 0 0 0 0 0 0
Le・Mans (江東区) 1 0 0 0 1 0 × 2



 Le・Mansが絶対的なエース・長濱の好投と4番の灘部の3安打の活躍で快勝した。Le・Mansは初回、1番・木下がいきなりレフト前ヒットで出塁するとすかさず2盗を決め、無死2塁と先制の好機をつかむ。1死後、3番の灘部がレフトオーバーの3塁打を放ち1点を先制する。対するZEALエレファンツはLe・Mansのエース長濱を序盤からなかなか攻略できない。2回に2つの死球で1・2塁とするが後続が続かず貴重なチャンスをつぶす。結局、ZEALエレファンツは初回の3者三振を含め6回までノーヒットと打線が長濱の前に完全に沈黙する。リードするLe・Mansは5回に追加点を挙げる。1死から2番・代打の小島が内野エラーで出塁すると、3番・灘部がレフト前ヒットで続き1・2塁とする。その後2死となるが、フィルダースチョイスなどで満塁としたあと、6番の代打・山口が押し出しの四球を選びリードを2点に広げた。ZEALエレファンツも最終回にようやくヒットと2塁打が飛び出し無死2・3塁と絶好の好機を作るが、後続3人がすべて投手ゴロに倒れて無得点。最後まで長濱を攻略出来ず、無念の完封負けとなった。

○Le・Mans・松本監督 ●ZEALエレファンツ・上村監督
「今日は投打の中心の2人がしっかりと活躍してくれたので、うちの一番いい形で試合をすることが出来ました。とくに長濱がシーズン中と変わらない良い投球をしてくれたので攻撃にもリズムが出来ました。うちはメンバー全員が大学生であと大学生活が2年なのですが、今度はアークカップでも優勝できるようにまた頑張ります」 「今日は相手投手に完璧に抑えられてしまいました。ずっとノーヒットでは手の打ちようがありませんでした。最後に意地のヒット2本が出てくれたのですが少し遅かったですね。やはり選手たちは大舞台で緊張があったのかもしれません。来年は特別部なので、戦力をもう少し補強してまたここに来られるように頑張ります」