いよいよ優勝戦
夢の舞台で舞うのは果たして



 <代表20チームの顔ぶれ>
 第18回関東草野球リーグ選手権大会は7日(日)、特別部から6部および土曜大会の優勝戦に進出する全20チームが出揃った。そしていよいよ11月27日(土)と28日(日)は、連続2日間にわたって各階級の優勝戦が西武ドームで行われ、今年度各階級チャンピオンが決定する。日本を代表する夢舞台で行われる優勝戦を目前に控え、優勝戦に臨む各チームを紹介する。


特別部優勝戦
VS
(川口市) 11.28(日)

西武ドーム
(習志野市)

2009年 <創立> 2002年
23名 <部員数> 16名
特別部グループA代表 <所属> 特別部グループB代表
10戦7勝1敗2分にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦5勝1敗4分にて優勝
2年連続2回目 <優勝戦進出回数> 3年連続3回目
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
昨年の関東草野球リーグの覇者。投打に有力な選手を擁するチーム力は昨年以上。2年連続の頂点を狙う。
<一口メモ>
エース七村はMAX135`の快速球を投げ込む本格派右腕。昨年敗れたIKUE’sとの対戦にリベンジを誓う。



1部優勝戦
VS
(習志野市) 11.28(日)

西武ドーム
(川口市)

1997年 <創立> 2002年
15名 <部員数> 17名
1部グループA代表
<所属> 1部グループE代表
10戦10勝にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦10勝にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
好打者・木内ら経験豊富な選手が揃う。これまであと一歩で逃し続けてきた悲願のドームの舞台をついに掴む。
<一口メモ>
エース藤川をはじめ中軸の山田、上野ら攻守に高レベルの充実戦力で、大舞台でもその強さを見せつける。



2部優勝戦
VS
(柏市) 11.28(日)

西武ドーム
(松戸市)

1995年 <創立> 1989年
19名 <部員数> 16名
2部グループA代表
<所属> 2部グループB代表
10戦9勝1敗にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦8勝2敗にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
右腕の2枚看板、愛甲と藤井は直球の威力、変化球のキレが抜群の本格派。機動力のある攻撃も得意だ。
<一口メモ>
チーム創立21年目でついに掴んだ夢の大舞台。投打の中心であるエース久米は安定感抜群の好投手。



3部優勝戦
VS
(蓮田市) 11.28(日)

西武ドーム
(世田谷区)

2010年 <創立> 2010年
25名 <部員数> 20名
3部グループI代表
<所属> 3部グループF代表
10戦10勝にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦9勝1敗にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
投の石川、打の林・中嶋を中心に今年快進撃。“シンキング野球”を引っさげ、いざ西武ドームへ。
<一口メモ>
抜群のチームワークが最大の売り。不屈の富山魂で、ドーム当日自身の結婚式で不在となるエースに勝利を捧げたい。



4部優勝戦
VS
(墨田区) 11.28(日)

西武ドーム
(さいたま市)

1988年 <創立> 2009年
16名 <部員数> 20名
4部グループE代表
<所属> 4部グループL代表
10戦10勝にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦8勝2敗にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
エース建石は速球派の左腕。右の片倉、抑えの大木も控えるなど、投手中心に先行逃げ切りが必勝パターン。
<一口メモ>
レギュラーシーズンを最下位通過ながら、驚異的な粘りを連発し、激戦のプレーオフを3連勝で勝ち上がった。



5部優勝戦
VS
(ふじみ野市) 11.27(土)

西武ドーム
(横浜市)

1975年 <創立> 2005年
20名 <部員数> 15名
5部グループK代表
<所属> 5部グループI代表
10戦10勝にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦8勝2敗にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
同一中学出身の若手を中心にレギュラーシーズンから快進撃。溌らつプレーで初優勝を目指す。
<一口メモ>
大接戦の連続だったプレーオフとレギュラーシーズンを全員野球で粘り強く乗り切り、西武ドーム初登場。



6部優勝戦
VS
(新宿区) 11.27(土)

西武ドーム
(戸田市)

1971年 <創立> 2009年
17名 <部員数> 15名
6部グループF代表
<所属> 6部グループK代表
10戦10勝にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦9勝1分にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
1試合平均10得点を挙げる強力打線は破壊力十分。有名企業の全社員に支えられ、いざ聖地へ。
<一口メモ>
元気のある野球大好き人間が多く集まったチーム。チームのモットーである「全員野球」で優勝を目指す。



土曜大会1部優勝戦
VS
(さいたま市) 11.27(土)

西武ドーム
(千代田区)

2008年 <創立> 1980年
21名 <部員数> 17名
1部グループB代表
<所属> 1部グループA代表
10戦8勝2分にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦7勝1敗2分にて優勝
2年連続2回目 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
チームのモットーは守り勝つ野球。昨年あと一歩で届かなかった土曜大会の頂点を今年こそ掴みたい。
<一口メモ>
エース荒川はコントロールに優れスタミナも抜群の好投手。チーム創立30周年を有終の美で飾りたい。



土曜大会2部優勝戦
VS
(豊島区) 11.27(土)

西武ドーム
(千代田区)

2000年 <創立> 1993年
16名 <部員数> 16名
2部グループE代表
<所属> 2部グループB代表
10戦8勝2分にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦8勝1敗1分にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
レギュラーシーズンをわずか5失点で切り抜けた投手力と堅い守りからリズムを作る。打線も得点力十分。
<一口メモ>
安定した実力に高い評価。1試合平均1失点以下の投手力を全面に押し立て、ドームでもひと暴れを誓う。



土曜大会3部優勝戦
VS
(板橋区) 11.27(土)

西武ドーム
(港区)

2007年 <創立> 2005年
18名 <部員数> 18名
3部グループE代表
<所属> 3部グループC代表
10戦10勝にて優勝 <レギュラーシーズン成績> 10戦10勝にて優勝
初出場 <優勝戦進出回数> 初出場
チームプロフィール <チームプロフィール> チームプロフィール
劣勢の試合でも一気の大量点で逆転劇に持っていくなど、しぶとい攻撃が持ち味。ノビノビ野球でドームを楽しむ。
<一口メモ>
ドーム進出の原動力は、投手転向3年目にして急成長したエース黒田。ドームのマウンドでも普段の投球を披露したい。