土曜3部優勝戦 in 千葉マリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(千代田区) (川崎市)
11月29日(土)  土曜3部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
TIPNESS (千代田区) 0 0 0 0 1 2 0 3
BACCHUS (川崎市) 0 0 0 0 0 0 0 0



 TIPNESSが相手のミスをうまく生かす攻撃とエース水口の力投で快勝した。この試合、最初にチャンスを迎えたのはBACCHUS。2回、ヒットと四球で2死ながら1・2塁とする。しかし後続が続かず先制のチャンスを逃す。その後は両チームの投手が互いに好投し、4回まで0行進が続く。動きがあったのはTIPNESSの5回の攻撃。1死から1番・新山が四球で出塁すると、その後2死2塁としたあと、3番・鈴木がライトオーバーの3塁打を放ち、ついに均衡を破る。先制したTIPNESSは6回にも追加点を挙げる。1死から代打の河合が死球で出塁したあと、盗塁と悪送球で1死3塁とチャンスを広げる。ここで7番・小池がセンター前に弾き返しまず1点。さらに2死後、9番・北村も左中間を破る3塁打を放ちもう1点を追加。3-0とリードを広げた。結局このリードを最後まで守り切ったTIPNESSが逃げ切り、今年度から新設された関東草野球リーグ土曜大会3部の初代王者に輝いた。一方の敗れたBACCHUSはこの日打線が沈黙。TIPNESS投手陣の前に11三振を喫するなど、なかなか突破口を見つけることが出来ず完敗だった。

○TIPNESS・松笠監督 ●BACCHUS・仲本監督
「今日は非常に感動したいい試合でした。久方ぶりに緊張感のある締まった試合が出来ました。登録選手全員を出場させることができて、まさに全員野球でした。千葉マリンには初めて入ったのですが、声が非常によく通るということが印象的でした。来年もまたこのようなプロの球場で試合が出来るようにリーグ戦をがんばります」 「前回コールド負けをした相手に、今日は0-3でしたのでよく戦ったと思います。チャンスも2度くらいあったので合格点です。うちのモットーである全員野球をやれたと思うので、負けはしましたが悔いはないです。初めての千葉マリンをみんなで楽しむことが出来ました。いい思い出も作ることが出来ました。楽しい時間でした」