土曜2部優勝戦 in 千葉マリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(足立区) (千葉市)
11月29日(土)  土曜2部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
曽根軍 (足立区) 0 1 0 0 0 0 0 1
ちはなちゃん (千葉市) 0 0 0 0 0 0 0 0



 曽根軍が8番・福島の執念のスクイズで挙げた1点を守り切り逃げ切った。曽根軍・曽根、ちはなちゃん・八代の先発で始まったこの試合。最初に好機を作ったのは曽根軍。2回、この回先頭の4番・山路がライト前ヒットで出塁。続く久保もライト前ヒットで続き、無死1・2塁と先制のチャンスを迎える。1死後、7番・岡本が死球となり1死満塁とチャンスを広げた後、迎えた8番・福島が3塁線に絶妙なセーフティースクイズを決め、曽根軍が1点を先取した。先制されたちはなちゃんの反撃はその直後の2回裏。先頭の5番・田中が四球を選ぶとすかさず犠打で送り、1死2塁とすぐさま同点のチャンスを作る。2死後8番・塚原も四球を選び2死ながら1・2塁とするが、9番・八代がレフトフライに倒れ、結局この回無得点に終わる。その後は両軍投手陣が好投し、双方なかなか走者を出せない。ちはなちゃんは6回裏に、この回先頭の1番・海老原がライト前ヒットで出塁し盗塁を決めるなど1死2塁とするが、後続が相次いで倒れどうしても1点が奪えない。結局、試合は曽根軍が3人の投手リレーでちはなちゃん打線を完封し、今年度関東草野球リーグ2部を制した。

○曽根軍・曽根監督 ●ちはなちゃん・山崎監督
「優勝できて最高です。試合の方も、投手の飯吉がMAX140`を出しびっくりしました。あのスクイズのような1点はノーサインで打者の福島の単独です。よくバットに当ててくれて、貴重な得点を叩き出してくれました。千葉マリンは広くて気持ちが良かったです。また来年も来られるように、チーム一丸となって一年間切磋琢磨します」 わずか1点差の惜敗に、「今日はうちの持てる力を出し切りました。今いるメンバーの全力を出し切れたのではないかと思います。結果的には1点差ですが内容的には完敗です。曽根軍さんは投打にいい選手が揃っていて強かったです。来年また最後まで残って、このような大舞台に帰ってきたいです。一年間ありがとうございました」