6部優勝戦 in 千葉マリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(新座市) (大田区)
11月29日(土)  6部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
YAWATA (大田区) 2 0 0 0 1 0 2 5
ブラックペッパーズ (新座市) 0 6 0 0 0 0 × 6



 ブラックペッパーズが2回に挙げた6点を守り切り、今年度6部優勝を決めた。先制したのはYAWATA。初回2つの四死球と盗塁で無死2・3塁と先制の好機を作ると、まずパスボールで1点を先制。さらに2死2・3塁から、6番・山本のライト前タイムリーでもう1点を追加し、この回2点を先取した。追うブラックペッパーズの反撃は2回。ヒットと失策で無死1・3塁としたあと、8番・赤塚がレフトオーバーの3塁打を放ち2者がかえりまず同点とすると、さらに1・3塁としたあと、1番・吉田もレフトオーバーの2点タイムリー2塁打を放ち逆転。さらに攻撃の手を緩めないブラックペッパーズは、その後2番・菅原のセンター前タイムリー、5番・鳥波のレフトオーバーのタイムリー2塁打と畳みかけ、この回一挙に6点を奪い大逆転に成功した。追いかけるYAWATAは後半に反撃する。5回に4番・江野畑のタイムリーで1点を返すと迎えた最終回、エラーで出た走者を1塁に置き、1番・小鮒がライトオーバーの2点ランニング本塁打を放ち、ついに1点差に迫る。さらにその後四球で走者を出し好機は続いたが、最後は併殺でチャンスを潰し、反撃もあと一歩及ばなかった。

○ブラックペッパーズ南木監督 ●YAWATA・中島監督
辛くも1点差で逃げ切っての勝利に、「はじめから難しい試合になるのではと思っていました。2回に一気に6点を取れたのは良かったのですが、そこからなかなか追加点を挙げられなかったことが終盤の追い上げを許した最大の原因で今後の反省点です。プロの球場で試合するのは初めてで最高の思い出を作ることが出来ました」 「2回の自分の投球がすべてでした。速球主体でいったのですが、ことごとく打たれてしまいました。ストレートがほとんどでした。3回以降は変化球中心で投げたら抑えられたので、なおさら2回の投球が悔やまれます。しかし負けはしましたが、最後1点差まで追い上げて、みんなも盛り上がってマリンを楽しめたので良かったです」