4部優勝戦 in 千葉マリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(さいたま市) (多摩市)
11月30日(日)  4部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
アパッチ (さいたま市) 0 0 1 1 0 0 0 2
PIECE (多摩市) 0 0 0 0 0 0 0 0



 アパッチが中盤に挙げた2点を6人の投手リレーで守り切り、嬉しい今年度4部優勝を飾った。この試合、最初にチャンスを迎えたのはPIECE。初回、先頭の西野(持)が内野エラーで出塁するとすかさず2盗を決め、いきなり無死2塁とする。続く2番・志太の1塁ゴロの間に西野が3塁へ進み、1死3塁の絶好の先制の好機を作る。ここで迎えた3番・柴の当たりは3塁線を襲う強烈な当たり。しかしこれを3塁手が好捕し、飛び出した3塁ランナーの西野が戻れずダブルプレー。PIECEは惜しいチャンスを逃した。一方のアパッチは3回にチャンスを作る。この回先頭の8番・山岡が1・2塁間を破るヒットで出塁。1死後、1番・御辺が投手強襲ヒットを放ち1・2塁とチャンスを広げると、さらに2番・伊藤が死球となり、1死満塁と絶好の好機が訪れる。ここで迎えた3番・佐藤(章)の当たりは高いバウンドとなる内野ゴロ。この間に3塁走者がかえり、アパッチが1点を先制した。アパッチはさらに4回にも無死2塁から6番・大庭が左中間を破るタイムリーヒットを放ち追加点を挙げ2-0とリードを広げた。試合は結局このままアパッチが逃げ切った。

○アパッチ・伊藤監督 ●PIECE・太田監督
「相手チームの投手がいいと聞いていたので、始めから競った試合になると思っていました。今日うちは投手を6人揃えたのですが、その6人すべてが投げられて良かったです。打線もポイントで得点できたので合格点です。千葉マリンはさすがに広くて爽快ですね。スタンドの迫力に圧倒されました。また来年も必ずここまで来たいです」 「敗因はチャンスをしっかりとものに出来なかったことです。大一番ということで、力みもあって空回りしてしまいました。悔しいですが、みんな一生懸命やってくれたので悔いはないです。マリンは初めてなのですが、まずグランドに入ってすごく興奮しました。雰囲気に慣れるのに時間がかかりましたが、いい緊張感の中で戦えました」