3部優勝戦 in 千葉マリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(市川市) (品川区)
11月30日(日)  3部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
オールワン (品川区) 0 0 0 0 0 0 0 0
LAYMANS (市川市) 0 0 0 1 4 2 × 7



 LAYMANSがエース堀元の投打にわたる活躍と打線の爆発で大勝した。序盤は両軍投手陣が好投しともに0行進が続く。均衡が破れたのは4回裏のLAYMANSの攻撃。この回先頭の4番・北村がライト前ヒットで出塁するとすかさず2塁へ走り、無死2塁と絶好の先制機を作る。その後ワイルドピッチで走者が3塁へ進んだあと、迎えた5番・堀元がセンター前にはじき返し1点を先制する。さらにLAYMANSは5回に猛攻を見せる。ヒットと四球で出た走者をバントで送り、1死2・3塁と追加点の好機を作る。ここで続く3番・山本の当たりは内野ゴロだったが、これが相手守備陣のミスを誘い3塁走者がホームイン。ラッキーな形で1点を追加した。さらに攻撃の手を緩めないLAYMANSはその後四球で満塁とし、ここでまたもや5番・堀元がセンター前にはじき返し2者が生還。さらに1死2・3塁から6番・山岸の当たりがこれまた内野のエラーを誘い、もう1点を追加。この回4点を挙げ、5-0と大きくリードを広げた。LAYMANSは6回にも3番・山本が左中間にランニング2ラン本塁打を放ち追加点を挙げ、7-0でオールワンを圧倒した。

○LAYMANS・村上監督 ●オールワン・和泉監督
「初回というか前半はガチガチだったのですが、後半畳み掛ける攻撃が出来たのが大きかったですね。エースの堀元も投打に非常にいい働きをしてくれました。今までずっと優勝戦に出ることを目標にやってきたので、3年間の集大成が今日実って感無量の気持ちです。マリンはとても綺麗な場所でした。良い思い出になりました」 「今日はチャンスを逃したあとに失点する悪いパターンが出てしまった。投手は点数こそ取られましたが、よく投げてくれました。やはりチャンスをもう少し生かせないとなかなか勝てませんね。また、相手の打線は振りも鋭く素晴らしいバッティングをされていました。マリンということでみんな少し緊張していたのかもしれません」