2部優勝戦 in 千葉マリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(坂戸市) (練馬区)
11月30日(日)  2部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7
LET'S CREW (練馬区) 0 0 0 0 0 0 0 0
TOYO (坂戸市) 4 2 0 0 0 0 × 6



 TOYOがLET'S CREW投手陣の乱調につけ込み、序盤から大量得点を挙げ快勝した。TOYOは初回、1番・石川がいきなり四球で出塁すると1死後、3番・土屋、4番・岡本が連続四死球となり、いきなり1死満塁の絶好の先制機を作る。ここで迎えた5番・新井も相手投手の制球が定まらず押し出しの四球を選び、ラッキーな形で1点を先制する。さらにTOYOは1死満塁から6番・田島がレフト前に落ちるヒットで2点目。さらに2死満塁から、8番・三輪がライト前に弾き返し3点目。続く9番・野村も押し出しの四球を選び、結局この回4点を先制した。さらにTOYOは2回にも、無死から3連続四死球で満塁としたあと1死後、6番・田島が死球、7番・高橋が四球を選ぶ連続押し出しで2点を追加。6-0と大きくリードを広げた。TOYOは守っては伊藤-大沢-大柳の3人の投手リレーでLET'S CREW打線を寄せ付けず完封。6-0で圧勝し、今年度関東草野球リーグ2部を制した。一方のLET'S CREWは、投手陣がまさかの誤算で試合直後から大量失点喫する苦しい展開。打っても2度の1死3塁のチャンスを作るが、後続が続かず完敗だった。

○TOYO・黒住監督 ●LET'S CREW・池田監督
思わぬ大勝に、「相手投手の乱調に助けられた試合でしたが、優勝できて嬉しいです。先発した伊藤は今シーズンずっと好投していて、今日も良く投げてくれました。大量得点はありましたが、伊藤の好投が勝利につながったと思います。マリンは大きくて人工芝が最高でした。選手もみんな喜んでいたし、良い経験をさせてもらいました」 「今日は四球の差ですね。ヒットはさほど打たれていないと思うのですが、2回までで試合が決まってしまいました。相手投手はスライダーのコントロールが抜群で、なかなか攻略出来ませんでした。しかし今日は大敗こそしましたが、マリンで気持ちよく野球をさせてもらいました。プロ野球気分でナイターも出来たし満足です」