1部優勝戦 in 千葉マリンスタジアム
※詳細は後日掲載いたします



×
(北葛飾郡) (習志野市)
11月30日(日)  1部優勝戦 1 2 3 4 5 6 7 8
ROJO・AGURA (北葛飾郡) 0 0 0 0 0 0 0 6 6
球嵐 (習志野市) 0 0 0 0 0 0 0 0 0
※大会規定により、延長8回は1死満塁のサドンデスを実施



 ROJO・AGURAがエース須田のノーヒットノーランの好投と、延長8回に相手ミスで勢いづいた打線が爆発し一気に6点を奪い快勝した。中盤まで双方なかなか走者を出せず0行進が続いたこの試合。ROJO・AGURAは6回にエラーとヒットの走者を出し無死1・2塁としたが、後続が倒れ先制の好機を逃す。球嵐も2回にエラーの走者を3塁まで進めるが、エンドランを失敗し得点出来ず、試合は結局サドンデスルールによる延長戦に突入した。8回表、ROJO・AGURAは1死満塁から2番・岡村がエンドランを見事に決め1点を先制。さらにこの内野ゴロの1塁への送球が悪送球となり2者が生還し2-0。さらに1死2・3塁としたあと、3番・望月は右中間へのヒット。これをライトが後逸する間に2者が生還。打った望月は3塁へと進み、4-0と大きくリードを広げた。さらに攻撃の手を緩めないROJO・AGURAは、1死3塁から4番・伊藤がエンドランを敢行。これがまたまた相手内野のミスを誘い1点を追加。さらにその後2本のヒットが続き1死満塁としたあと、7番・上野の内野ゴロの間にもう1点を加え、この回計6点を挙げ試合を決めた。

○ROJO・AGURA・岡田主将 ●球嵐・佐藤監督
「今日は須田の投球に尽きます。本当に良く投げてくれました。完璧な内容で、安心して見ていられましたね。打線は相手の好投手をなかなか攻略できずにいましたが、サドンデスに入れば何とか1点は取れるかなと思っていました。それが相手のミスもあり、思わぬ大量点を取ることができてラッキーでした」 「うち本来の野球が出来なかったというか、らしくない内容でした。守りで勝ってきたチームなのですが、マリンということで気負いすぎてミスを連発してしまいました。そうなるとやはり勝てませんね。ミスをした方が負けと思っていたので、負けるべくして負けたという感じです。相手の投手は素晴らしい投手でした」