8月26日(日) 日曜大会 6部E 1 2 3 4 5 6 7
呂布 (文京区) 0 0 2 6 5 - - 13
Marine Waves (台東区) 1 0 1 0 1 - - 3

 呂布がMarine Wavesの守りの乱れで得た好機に着実に加点し大勝した。先制したのはMarine Waves。初回、この回先頭の1番・神農がレフト前ヒット、2番・込山もセンター前ヒットで続き無死1・2塁といきなり先制の好機を作ると1死後、4番・宇野の内野ゴロが相手エラーを誘いこの間に3塁走者・神農がかえり、Marine Wavesが1点を先取する。追う呂布の反撃は3回。相手エラーとヒットなどで無死2・3塁としたあと、相手バッテリーエラーでまず1点を挙げると、さらに4番・星野のショートゴロの間にもう1点を追加し、呂布が2-1と逆転に成功した。しかし逆転されたMarine Wavesもすぐに追いつく。その裏、1死から3番・久保田が死球で出塁すると、続く4番・宇野も相手内野エラーで出塁し2・3塁としたあと、5番・山島の内野ゴロの間に3塁走者がかえり、2-2の振り出しに戻す。一方追いつかれた呂布だが、4回に猛攻を見せる。2つの四球と外野フライで1死2・3塁としたあと、2番・清水のセンター前ヒットでまず2点を勝ち越す。さらに呂布は相手内野の2つのエラー、盗塁、6番・伊藤のセンター前ヒットなど猛攻を続け4点を追加。結局、この回一挙に6点を挙げ試合を決めた。呂布は5回にもまたまた相手エラーで得た好機に3連打を浴びせるなど猛攻を重ね5点を追加。その裏のMarine Wavesの反撃を1点に抑え、5回コールド勝ちを決めた。

呂布・押尾監督 ●Marine Waves・山島主将
「最近チームとしてバッティングが絶好調だったので、今日もある程度は打てると思ってましたが、まさかここまで点が取れるとは思っていませんでした。とにかく打ってよく走れました。前の試合もコールド勝ち出来たので、チームに勢いが出てきたみたいですね」 「今日は大敗してしまいましたが、楽しめた試合でした。うちの守備が悪すぎてこのような結果になってしまいましたが、みんな一生懸命やってくれました。あと相手投手も良かったですね。けどリーグ戦はこれで終わりではないので、次の試合に期待してください」


大会19日目 (8月25日・26日)
試合速報
※詳細は後日掲載いたします



 第15回記念関東草野球リーグ選手権大会は25日(土)・26日(日)、大会19日目を迎え、各階級で計87試合が行われた。

 土曜大会では、1部AのLOOSEが5戦目にしてトヨタレンタリース東京に今季初失点を奪われ、逆転負けで初黒星。2部BのSHINYAKUは初回から一挙7点を奪う猛攻でマークアイパイソンズを下し、無傷の5連勝で首位に浮上した。



 日曜大会では、1部Aのセブンスターズが先発・田中の力投と代打・遠山のタイムリーで7-0の完封コールド勝ち。1部Bの日本建鐵株式会社は同点で迎えた5回に長谷川の犠牲フライで決勝点を奪い逆転勝ち。1部Cの渡辺ツインズは先発・木村が6回までノーヒットノーランピッチングを演じると、打線もワンチャンスをモノにし2-0で快勝、4勝目を挙げ失点差で首位に躍り出た。2部Aの自立会はダブルの1試合目を郡司の被安打2・8奪三振の完封劇で勝利すると、続く2試合目も石橋の力投で1点差ゲームに勝利し、うれしいダブル2連勝。2部CのMarsは0-0で迎えた5回に吉田の3塁打と大倉のライト前タイムリーで決勝点、投げては吉田がイーグルファーム打線を完封し、白熱の投手戦を1-0でモノにした。2部Eの沙悟浄はエース米田の好投と星&牟田(憲)のタイムリーで快勝。3部AのELF CREWSは終始先行される苦しい展開も、迎えた最終回に3番・4番の連続タイムリーでまず同点、最後は5番星野が気迫のサヨナラ打を放ち劇的大逆転勝利。3部Eのサザンクロスは序盤から小刻みに得点を重ねると、守っては平川-村山-安田とつなぐノーヒット完封リレーでイケメンズに完勝。3部Fのヒップジョインツは4番安藤の活躍で日立製作所(情)に1点差競り勝ち。3部HのBACKERSはエース下村(悠)の2塁を踏ませぬ完封シャットアウト劇で6勝目を挙げた。



 4部Bの新川・F・GIANTS'は5番新井(兄)の3安打の活躍で圧勝。Sea Windshは6回に飛び出した高山の勝ち越し弾などホームラン攻勢で鶏とのシーソーゲームに勝利。4部Eのスナイパーズは4番川人の2点タイムリーなど2回までに7点を挙げ完勝。4部FのBEANSは脇田・谷村のタイムリー、柳原の2点弾など序盤で主導権を握ると、投げては先発・柳原が被安打4・7奪三振の快投で完封勝利。5部EのBoobsは追いつ追われつの大熱戦をサヨナラで制し、5戦目にして待望の今季初勝利を挙げた。5部Fのスリースターズは3回に打者一巡の猛攻で一挙6点を奪い逆転勝利。MINEちゃんヤンキースは打線が爆発し大量15点を奪いコールド勝ち。5部GのYRPは稲田が人生初となるホームランをグランドスラムで飾るなど打線が火を噴き20-2で圧勝。5部Jのブロークスは4番富永が友人の結婚に捧げる5打点の大暴れで上板橋たいがぁすに競り勝った。6部Bのえびすマーリンズは3点差を追う5回に敗戦ムードを振り払う熊谷、佐藤らのタイムリーなどで一挙9点を挙げ逆転勝ち。6部Cの神谷カイザーズは4番斉藤の3安打4打点の活躍と株木の力投で快勝。6部HのFreezeは2回のワンチャンスに8安打7四球を集中し一挙14点を挙げ試合を決めた。6部JのNOSは福嶋、外山、高橋で構成するクリーンアップが合わせて6安打8打点を叩き出し大勝。6部Lのアルタイルは角田の熱投で、チーム結成以来初の完封勝利を記録した。




1部 交流戦

トヨタレンタリース東京(千代田区) 6 × 2 LOOSE(さいたま市)

2部 グループA

イシダネッツ(板橋区) 4 × 1 快賊GUILD(葛飾区)

2部 グループB

SHINYAKU(中央区) 11 × 1 マークアイ パイソンズ(千代田区)

2部 グループD

リパーク1994(新宿区) 12 × 5 メタルウッズ(入間郡)



特別部 グループB

Ash(柏市) 12 × 2 T・Hインセクターズ(世田谷区)
Ash(柏市) 5 × 0 TOOLS(荒川区)
Ash(柏市) 2 × 2 兼六住宅(足立区)

1部 グループA

セブンティーンズ(習志野市) 1 × 0 56er's(富里市)
セブンスターズ(千葉市) 7 × 0 ALL STAR(浦安市)

1部 グループB

日本建鐵株式会社(船橋市) 3 × 1 SWEEPS(草加市)

1部 グループC

渡辺ツインズ(戸田市) 2 × 0 ひばりが丘ロータース(西東京市)

1部 グループD

野郎BASEBALL CLUB(さいたま市) 3 × 2 ランダムス(野田市)
カチカチ山(入間市) 1 × 0 東洋インキ埼玉(川越市)

2部 グループA

ミスターズ(鎌ヶ谷市) 15 × 1 クーガース(千葉市)
ROSA(印西市) 3 × 1 ミスターズ(鎌ヶ谷市)
自立会(千葉市) 2 × 0 松風(山武市)
自立会(千葉市) 2 × 1 龍ヶ崎WINS(竜ヶ崎市)

2部 グループC

Mars(鳩ヶ谷市) 1 × 0 イーグルファーム(豊島区)

2部 グループD

ぶっちゃあず(大田区) 9 × 2 デスペラード(横浜市)
FOHZ(横浜市) 8 × 4 レッドライオンズ(世田谷区)

2部 グループE

沙悟浄(さいたま市) 3 × 1 桐朋ブランカーズ(国立市)
D-DAYS(富士見市) 6 × 1 昭島サンズ(昭島市)

3部 グループA

ELF CREWS(千葉市) 5 × 4 CHIBA CUBS(千葉市)
千葉ホルモンズ(千葉市) 9 × 0 CHIBA CUBS(千葉市)
BMナイツ(市川市) 9 × 9 ファイナレス(船橋市)

3部 グループB

スクラッチ(松戸市) 6 × 3 SILVER SHARKS(松戸市)

3部 グループC

K-2(鎌ヶ谷市) 7 × 0 メイプル(江戸川区)

3部 グループD

サムレッツ(墨田区) 1 × 1 MOYASHI(墨田区)

3部 グループE

サザンクロス(新宿区) 7 × 0 イケメンズ(港区)

3部 グループF

ヒップジョインツ(世田谷区) 4 × 3 日立製作所(情)(鎌倉市)

3部 グループG

King Scorpion(練馬区) 6 × 1 JUNKIE 53's(練馬区)

3部 グループH

BACKERS(富士見市) 2 × 0 連合艦隊(川越市)
BARBARIANS(さいたま市) 1 × 1 連合艦隊(川越市)

4部 グループA

NineScratch(千葉市) 7 × 4 SANKEI(鎌ヶ谷市)

4部 グループB

新川・F・GIANTS'(八千代市) 7 × 0 しゃかりきコロンブス(市川市)
Sea Winds(柏市) 11 × 5 鶏(松戸市)
ROOTS(市川市) 3 × 3 ロッキーズ(柏市)

4部 グループC

満腹饅頭(足立区) 4 × 0 松伏ポテンヒッツ(北葛飾区)

4部 グループD

J-TOKO(渋谷区) 13 × 1 エクストラ(中央区)
J-TOKO(渋谷区) 10 × 1 日立キャピタル野球部(千代田区)
キラーズ(中央区) 3 × 0 MBファイターズ(中野区)

4部 グループE

スナイパーズ(練馬区) 10 × 1 アイスクライマーズ(練馬区)
TOP BOYS(新宿区) 6 × 2 新宿B's(新宿区)

4部 グループF

TOYOTA(品川区) 8 × 0 JUMBLE(世田谷区)
東京エンゼルス(世田谷区) 3 × 0 パニックス(品川区)
BEANS(川崎市) 4 × 0 レッドサンダース(川崎市)

4部 グループG

岩鉄(西東京市) 0 × 0 RISE(八王子市)

5部 グループD

アクリドリーマーズ(中央区) 16 × 6 島田商事(株)(中央区)
DAIICHI-SANKYO(中央区) 10 × 0 アクリドリーマーズ(中央区)
T's(中央区) 3 × 1 RIOTS(江東区)
T's(中央区) 7 × 0 オールスポニチ(中央区)

5部 グループE

Boobs(練馬区) 5 × 4 マーベラス(品川区)
アイスターズ(千代田区) 5 × 3 東京STAR WINS(練馬区)

5部 グループF

スリースターズ(新宿区) 10 × 7 ブルズ(新宿区)
MINEちゃんヤンキース(豊島区) 15 × 2 Developpers(新宿区)
西新宿ブラックパンサーズ(新宿区) 7 × 4 YMS(川崎市)

5部 グループG

YRP(港区) 20 × 2 スカイライト ブルーレイズ(港区)

5部 グループH

アストロズ(横浜市) 10 × 5 横浜ドルフィンズ(横浜市)
横浜ドルフィンズ(横浜市) 7 × 0 Majoring Device(目黒区)

5部 グループI

ポテト リバーズ(東久留米市) 8 × 2 Up ↑ Show(調布市)
シープス(西東京市) 7 × 4 Up ↑ Show(調布市)

5部 グループJ

ペヤンズ(羽生市) 6 × 1 0.085(中野区)
ブロークス(和光市) 6 × 4 上板橋たいがぁす(板橋区)

5部 グループK

FSOL大宮(さいたま市) 10 × 7 ラビゴンズ(さいたま市)

6部 グループA

jam(八千代市) 6 × 5 帝平Black Cats(市原市)
京都サスペンス(浦安市) 8 × 3 NGC(船橋市)
浦安ドルフィンズ(浦安市) 8 × 6 千葉 Row Break(船橋市)

6部 グループB

艶男(松戸市) 12 × 2 ザナーズ(市川市)
AMIGO(我孫子市) 9 × 1 ドリームス(鎌ヶ谷市)
えびすマーリンズ(松戸市) 11 × 5 Oceans(松戸市)

6部 グループC

神谷カイザーズ(北区) 10 × 2 New Rookies(葛飾区)
パワーズ(葛飾区) 8 × 4 Mighty Wings(流山市)

6部 グループD

日本橋ドルフィンズ(中央区) 10 × 9 アルコニックス(港区)

6部 グループE

ドルフィンズ(文京区) 17 × 2 TNR(文京区)
呂布(文京区) 13 × 3 Marine Waves(台東区)

6部 グループF

YANKEES(新宿区) 13 × 5 Mantis(新宿区)

6部 グループG

オクトパス(千代田区) 12 × 4 赤坂タイガース(板橋区)
CUTVUS(練馬区) 6 × 4 ユニティーグループ(千代田区)
CUTVUS(練馬区) 17 × 0 ALSOK TUG SEVEN(千代田区)

6部 グループH

Freeze(世田谷区) 14 × 3 FOLGORE(大田区)
ラフィーネ(大田区) 11 × 4 MEIJERS(大田区)

6部 グループI

ルネフリート(横浜市) 23 × 5 チーム大和(横浜市)
チーム大和(横浜市) 18 × 12 Open Chucks(川崎市)

6部 グループJ

NOS(西東京市) 8 × 3 1000A(小平市)

6部 グループK

チェスコ株式会社(戸田市) 8 × 7 Mulinandes(川口市)

6部 グループL

アルタイル(さいたま市) 8 × 0 O.U.E Wild Boars(さいたま市)
HIRAMAX(さいたま市) 7 × 0 OLDIES(さいたま市)