8月19日(日) 日曜大会 5部B 1 2 3 4 5 6 7
チーム忠 (柏市) 3 0 0 0 0 0 0 3
DIAMONDS (流山市) 4 0 0 0 0 1 × 5

 DIAMONDSが初回に逆転した試合をエース・吉田の好投でものにした。先制したのはチーム忠。初回、先頭の1番・中村(太)がライト前ヒットで出塁。続く2番・石黒も内野エラーで出塁し、無死1・2塁といきなり先制の好機をつかむ。1死後、迎えた4番・大手がライトに3ランホームランを放ち、チーム忠がいきなり3点を先制する。しかし追うDIAMONDSはすぐに反撃する。直後の1回裏、1番・桜井がいきなり2塁打で出塁すると、続く2番・須賀が四球、3番・馬籠がセンター前に弾き返し無死満塁と絶好のチャンスを迎える。が、その後は後続が相次ぎ打ち取られ2死。チャンスはついえたかと思われたが、迎えた5番・高橋の内野ゴロを相手野手の送球が乱れ、その間に2者が生還。ラッキーな形でまず2点を返す。さらにDIAMONDSは続く6番・中西がレフトの頭上を越える2点タイムリー2塁打を放ち、この回計4点を挙げ4-3と逆転に成功した。初回に互いに点数を奪い合った試合はその後DIAMONDS・吉田、チーム忠・水流の両エースが踏ん張りしばらく0行進が続く。再び得点が入ったのは6回の裏。1点をリードするDIAMONDSは1死から7番・関が死球で出塁すると、2死後内野エラーで1・3塁としたあと、1番・桜井の内野安打の間に3塁走者の関がかえり貴重な1点を追加。5-3とリードを広げた。試合は結局このままDIAMONDSが逃げ切った。

DIAMONDS・吉田投手 ●チーム忠・前田代表
「初回は少し力んでしまい得点されてしまいましたが、2回以降は力が抜けて上手く投げられました。暑いのでペースを考えて投げました。今日は真っ直ぐが要所でコースに決まって、三振がいつもより多く奪えました。無四球で乗り切れのも大きかったです」 「初回の守りの乱れが痛かったです。それ以外は上手く守れたのですが・・・ 打つ方も初回はうまく得点できたのですが、2回以降は打線につながりがなかったです。しかし負けはしましたが、投手の水流は良く投げてくれました。粘りの投球で試合を作ってくれました」


大会18日目 (8月18日・19日)
試合速報
※詳細は後日掲載いたします



 第15回記念関東草野球リーグ選手権大会は18日(土)・19日(日)、大会18日目を迎え、各階級で計83試合が行われた。

 土曜大会では、1部AのLOOSEがエース会田の2試合連続となるノーヒットノーラン劇に8番松本がサヨナラ打で応え1-0勝利。2部BのTIPNESSは序盤から追う苦しい展開も小刻みに得点を重ね、ようやく最終回に追いつきドローに持ち込んだ。



 日曜大会では、特別部Aのボッシュレックスロスが3番渡辺(秀)のタイムリーなどで4回までに3点を奪い主導権を握ると、投げては先発・嶋田が被安打2の完投で和名ヶ谷打線を封じ今季初白星。1部AのGEN UNITEDは長短打を含む全員安打の猛攻で大量11点を奪い5回コールド勝ち。1部BのROJO・AGURAは1点ビハインドの6回に4番須田が2ランホームランを放ち逆転勝ち。1部Cのファイナルズは遠藤の犠牲フライで先取点を奪うと、5回には名古屋のタイムリー2ベースで2点を追加。投げては先発・藤田が13奪三振の力投で東京ピクシーズの反撃をエラーによる1失点に抑え快勝。西松建設は1点リードの5回に3連続四死球から無死満塁のピンチを迎えるがここを0点で乗り切り、2-1で逃げ切った。1部DのDRASTICは初回に4点を先制され重苦しい展開も、迎えた3回に打者16人8安打2本塁打で一挙12得点を挙げ逆転に成功、打撃戦に勝利した。CHAMPSは2回に5番清水の特大先制弾、3回に1番国島のソロ弾など一発攻勢で2得点。これをエースYAMATOが10奪三振完封シャットアウトの快投で守りきった。2部Aの79'sは森の3安打2打点2盗塁、大浦の2安打2打点の活躍などでゴリラに競り勝ち。2部Dの新三マンモスは0-6で迎えた最終回に斉藤のヒットを起点に一気に6点差を追いつくと、最後は2死満塁の場面で吉田がサヨナラタイムリーを放ち、奇跡の大逆転勝利をおさめた。3部CのK-2は鈴木の完封劇で無傷の5連勝。3部Eのジェイジャーズはこの日ダブルを敢行。1試合目の打撃戦を2番伊藤の決勝打で1点差勝利すると、勢いそのままに臨んだ2試合目は先発・山下の1安打完封ピッチングに打線が応え7-0で勝利、ダブルヘッダーを連勝した。3部Fの荏田東ナマーズは逆転された直後の攻撃ですぐさま再逆転を果たすなど粘り強い攻撃でヒップジョインツとの接戦に勝利。3部HのSEA LIONSは毎回得点で9点を挙げ快勝。4部EのGS野球部は一時逆転を許すも終盤6回にジェイのタイムリーなどで再び勝ち越しに成功し競り勝った。スナイパーズは初回に萬屋の先頭打者アーチで先手を奪うと、守っては熱発で38.5℃の中、11奪三振の力投を見せた堀内をバックが好守で盛り立て、見事完封勝利。5部Aの常楽ガーデンズは3点を追う2回に7番加藤のホームランなど打者一巡の猛攻を見せ逆転勝ち。5部Cの大久保製壜所BBCは高橋、迫らの本塁打を含む10安打13得点と打線が爆発し大勝。5部Eのサウスはピッチャー秦の好投と上位打線のつながりで初のコールド勝ち。5部FのスリーKはこの日初めて4番に座った大舘が3安打の大当たりで打線を牽引し、11-0の圧勝劇。スリースターズは1点を追う7回裏に2番瀬尾のタイムリーで同点に。さらに続いたチャンスで4番箕田にレフトオーバー打が飛び出し、劇的サヨナラ勝利。5部GのNew Bridge All Starsは投の小西、打の水倉の活躍で大勝。ビーグルスは4回に窪田の2ベースと戸塚のヒットなどで一気に逆転に成功し快勝。韋駄天は初回から打線がつながり13安打で12得点を叩き出し圧勝。5部IのDELUXEは打っては立野が3安打の活躍、守っては先発・真貝を中心にノーエラーの堅守で粘るシープスに競り勝った。5部Jの友和OCEANSは4点ビハインドの4回に畠山の超特大満塁弾などで8点を挙げ一気に逆転、上位対決に勝利した。6部Aの千葉 Row Breakはエース小川の好投と4番矢野の長打で2試合連続の5回コールド勝ち。6部Cの竹村ダンパーズは好調な打撃陣が序盤の点の取り合いを制し、開幕からの連勝を4に伸ばした。



1部 グループA

LOOSE(さいたま市) 1 × 0 平田倉庫 野球部(墨田区)

2部 グループA

Saturday night フィーバーズ(北区) 2 × 2 Spice 9(八千代市)

2部 グループB

BACCHUS(千代田区) 11 × 2 NAC(千代田区)
東京ヘルシーチルドレン(中央区) 6 × 6 TIPNESS(千代田区)

2部 グループD

M'S(上尾市) 3 × 0 NLSロッキーズ(川越市)



特別部 グループA

ボッシュ・レックスロス(土浦市) 3 × 1 和名ヶ谷フレンズ(松戸市)

1部 グループA

GEN UNITED(取手市) 11 × 1 エンブレム(北相馬郡)

1部 グループB

ROJO・AGURA(北葛飾郡) 3 × 2 フリーバーズ(野田市)
フリーバーズ(野田市) 4 × 0 日本建鐵株式会社(船橋市)
皇帝(葛飾区) 4 × 4 日本建鐵株式会社(船橋市)

1部 グループC

ファイナルズ(戸田市) 3 × 1 東京ピクシーズ(目黒区)
西松建設(港区) 2 × 1 渡辺ツインズ(戸田市)

1部 グループD

DRASTIC(川口市) 14 × 7 三晃クラブ(鳩ヶ谷市)
CHAMPS(さいたま市) 2 × 0 カネマンクラブ(上尾市)

2部 グループA

79's(松戸市) 10 × 6 ゴリラ(松戸市)
ROSA(印西市) 5 × 3 龍ヶ崎WINS(竜ヶ崎市)

2部 グループB

吉川ジミーズ(吉川市) 5 × 2 MALTS(船橋市)

2部 グループD

新三マンモス(江東区) 7 × 6 レッドライオンズ(世田谷区)

2部 グループE

ダブル・F(昭島市) 6 × 1 名Q会(ふじみ野市)

3部 グループA

ベースボールキッズ(四街道市) 6 × 2 CHIBA CUBS(千葉市)
ベースボールキッズ(四街道市) 7 × 0 ベアーズ(市川市)
CHIBA CUBS(千葉市) 7 × 0 ベアーズ(市川市)

3部 グループB

Ghonnze(柏市) 0 × 0 リファインズ(松戸市)

3部 グループC

SAYAENDO(浦安市) 7 × 0 メイプル(江戸川区)
K-2(鎌ヶ谷市) 6 × 0 文京マリナーズ(文京区)

3部 グループD

サムレッツ(墨田区) 7 × 3 東京コリア(台東区)
レッドハリケーン(足立区) 4 × 0 グランドスラム(墨田区)

3部 グループE

ジェイジャーズ(中央区) 7 × 6 GROOVY(中央区)
ジェイジャーズ(中央区) 7 × 0 Nobushies(新宿区)
兼古ファイターズ(千代田区) 3 × 2 SIS Dreamers(中央区)

3部 グループF

MID Knight(川崎市) 4 × 3 六輝会(世田谷区)
荏田東ナマーズ(横浜市) 3 × 2 ヒップジョインツ(世田谷区)

3部 グループG

建栄(豊島区) 8 × 2 無礼者(練馬区)

3部 グループH

SEA LIONS(さいたま市) 9 × 3 酔拳(越谷市)

4部 グループA

Juggle(船橋市) 9 × 1 SANKEI(鎌ヶ谷市)

4部 グループB

ロッキーズ(柏市) 8 × 7 NFB(野田市)

4部 グループC

I's(江戸川区) 19 × 2 新町レイラーズ(北区)
B・CENTURY(江戸川区) 9 × 2 松伏ポテンヒッツ(北葛飾区)

4部 グループD

ニュートン野球部(千代田区) 2 × 1 First Planners(千代田区)
ニュートン野球部(千代田区) 3 × 2 エクストラ(中央区)
キラーズ(中央区) 7 × 5 日立キャピタル野球部(千代田区)

4部 グループE

GS野球部(港区) 6 × 4 Blacks(新宿区)
スナイパーズ(練馬区) 3 × 0 TOP BOYS(新宿区)

4部 グループG

PMG(板橋区) 7 × 3 ジャギーズ(調布市)

5部 グループA

取手SOB(取手市) 7 × 0 ROUGHERS(つくばみらい市)
常楽ガーデンズ(取手市) 10 × 5 ROUGHERS(つくばみらい市)

5部 グループB

DIAMONDS(流山市) 5 × 3 チーム忠(柏市)
YTS(我孫子市) 17 × 3 チーム忠(柏市)

5部 グループC

大久保製壜所BBC(墨田区) 13 × 0 コンプレックス(草加市)
北球友クラブ(北区) 6 × 3 FEVERS(足立区)

5部 グループD

日商ボンバーズ(中央区) 14 × 1 アクリドリーマーズ(中央区)

5部 グループE

サウス(品川区) 13 × 2 Boobs(練馬区)
samurai(練馬区) 4 × 3 サウス(品川区)
Beat(品川区) 12 × 3 samurai(練馬区)

5部 グループF

スリーK(新宿区) 11 × 0 Fucker's(新宿区)
スリースターズ(新宿区) 5 × 4 WEEDS(新宿区)
グローバルホットライン(新宿区) 10 × 5 PEGASUSTARS(目黒区)

5部 グループG

New Bridge All Stars(港区) 10 × 1 What's(港区)
ビーグルス(葛飾区) 6 × 3 喜八(港区)
韋駄天(世田谷区) 12 × 1 MAGAZINES(港区)

5部 グループH

渋谷747(渋谷区) 7 × 2 京浜トマホークス(川崎市)

5部 グループI

侍(三鷹市) 7 × 0 LIGHTNING-BOLT(武蔵野市)
DELUXE(町田市) 5 × 3 シープス(西東京市)

5部 グループJ

SLUGGERS(板橋区) 12 × 2 新宿バリーボンズ(所沢市)
プリンス蕨(蕨市) 8 × 5 友和OCEANS(中野区)

5部 グループK

アパッチ(さいたま市) 12 × 0 スーパーキャップス(さいたま市)

6部 グループA

千葉 Row Break(船橋市) 13 × 3 萬屋(船橋市)

6部 グループB

AMIGO(我孫子市) 20 × 0 ザナーズ(市川市)
えびすマーリンズ(松戸市) 7 × 0 LAYFLAT(鎌ヶ谷市)
艶男(松戸市) 7 × 0 LAYFLAT(鎌ヶ谷市)

6部 グループC

竹村ダンパーズ(八街市) 7 × 3 Mighty Wings(流山市)

6部 グループD

GOLGO(足立区) 7 × 0 大崎ビッグマウス(港区)

6部 グループE

U.ベアーズ(文京区) 8 × 3 文京IMPULSE(文京区)
邪道(台東区) 8 × 2 U.ベアーズ(文京区)
邪道(台東区) 9 × 8 ホーリーホックス(台東区)

6部 グループF

オーガスタ(杉並区) 10 × 5 PMLジャンキッス(豊島区)
新宿オールスターズ(新宿区) 10 × 0 YAKEES(新宿区)

6部 グループG

オクトパス(千代田区) 8 × 4 東京アトロフィーズ(練馬区)

6部 グループI

三菱化学横浜(横浜市) 8 × 0 Open Chucks(川崎市)

6部 グループJ

紫式部(東久留米市) 7 × 4 スプリング モンスターズ(西東京市)
アルバトロス(八王子市) 10 × 6 紫式部(東久留米市)

6部 グループL

Anchovi(さいたま市) 13 × 12 OLDIES(さいたま市)
フィフティーズ(さいたま市) 12 × 7 OLDIES(さいたま市)