8月4日(土) 土曜大会 2部C 1 2 3 4 5 6 7
QUEST CLICKS (港区) 0 0 0 0 0 0 0 0
マルケンビームス (港区) 1 7 0 0 1 0 × 9

 マルケンビームスがエース・蔵本のノーヒットノーランの快投など投打にQUEST CLICKSを圧倒し快勝した。マルケンビームスは初回、2つの四球で2死ながら1・2塁としたあと、5番の平原が右中間を破る2塁打を放ち1点を先制。さらにマルケンビームスは2回に猛攻を見せる。この回ヒットと2つの四球で無死満塁とすると、2番・永野がレフト前にはじき返しまず1点。続く3番・渋沢、4番・森谷が連続して押し出しの四球を選びこの回3点。さらに5番・平原のセンター前タイムリー、6番・久保はライト前にタイムリーヒットを放った後、2死後8番・巴山にもタイムリーが飛び出しこの回6点。さらにさらにその後も押し出しによる1点を追加し、2回にしてマルケンビームスが合計8得点を挙げる速攻で早々と試合を決めた。守っては蔵本がコントロールを重視した丁寧な投球でQUEST CLICKS打線を封じ込めた。一方の敗れたQUEST CLICKSは連続押し出しや手痛い四球を連発。その後走者がたまった場面でタイムリーを打たれるなど、終始後手に回って完敗だった。

マルケンビームス・蔵本投手 ●QUEST CLICKS・山岸監督
この日ノーヒットノーランの快投に、「今日は暖かかったので体がよく動きました。コントロールを重視して低めに丁寧に投げました。またストレートも伸びがあったのでそれが良かったのかもしれません。今後も今日のような投球ができるように頑張りたいです」 「ノーヒットノーランをやられてしまいました。相手投手の出来がよく打てませんでした。うちはチームの平均年齢はそこそこなのですが、経験が不足しているので、その辺りも相手の投手の好投を許してしまった原因かなと思います。次の試合は絶対勝ちたいです」


●高橋主将
コンプレックス
「ホームランで先制したのですが、追加点を取れず次第に相手ペースになってしまいました。それでも最終回に一度追いついたのですが、結局最後はサヨナラ負けをしてしまいました」
●家田監督代行
ドルフィンズ
「とても暑くて大変な試合でした。一つ一つの細かいプレーに相手チームとの差がありました。あとパワーと体力に差があり、さらに相手投手の制球も良かったですね。完敗です」
○高橋主将
ホーリーホックス
「前の試合で負けていていやな雰囲気を払拭したかったので、そう言った意味でも今日の勝利は大きいです。残り6試合を5勝1敗で乗り切って何としてもリーグ優勝をしたいです」
●遠山監督
日商ボンバーズ
「暑さに負けず前半は互いに譲らず良かったのですが、失点後に一度集中力が途切れてしまいました。5回に逆転したのですが、最後は守りの姿勢が裏目に出て力尽きました」
△御法川主将
スクラッチ
「引き分けではありましたが、投手をうまく周りがフォローできませんでした。反省点が多い試合でした。守りも攻撃もともに細かいミスがありましたので、そこを修正していきたいです」
△小泉監督
中央オールスターズ
「自分が先発しましたが、暑くてすぐにバテてしまいました。それに比べ相手投手はこの暑い中完投して立派でした。自分が最後まで投げられなかったので偉大さがよく分かります」
○松田監督
Positive Dreams
「競った試合で苦しかったですが、何とか最終回に勝ち越せました。次はもう少し楽な展開で勝ちたいです。これで5勝1敗ですので、残りを全部勝って必ずリーグ優勝をしたいですね」
●矢内監督
FIELD MAX
「攻撃面は結構相手の好投手を打ててはいたのですが、いかんせん守備で自滅した試合でした。エラーが4つ出てしまっては・・・ あのような良い投手相手ではよけいですね」と力なく
●岩口監督
スーパークリアーズ
「今日は主力が3人ほどいなかったのですが、その割にはよく守れました。とにかく敗因は打てなかったことです。最後はきれいにサヨナラヒットを打たれてしまいました」
○森川監督
イセトー
「サヨナラ勝ちは久しぶりなので、すごく嬉しいです。暑い中、最後まで集中力を切らさず出来たことが良かったのだと思います。残り試合全勝で乗り切れるように頑張ります」
○川崎監督代行
ウォーリアーズ
「最初苦しみましたが、ここ最近不振な選手が決勝打を打つなどみんな本来の力を発揮してくれました。今日は暑かったですが、両チームとも四球が少なく締まった試合が出来ました」
○森監督
O.U.E Wild Boars
「今日は打線が繋がり、相手のミスにも上手くつけ込めました。終盤にダメ押し点が取れたので、比較的楽に試合をすることが出来ました。野手のエラーがなかったのも勝因です」
●郷谷代表
WILD HEARTS
「長打が1本では勝てませんね。守っても外野が目測を誤るタイムリーエラーが出るなど、ミスが随所に出てしまいました。今後は残り5試合を5連勝して、勝率を5割に戻したいです」
●佐藤監督
TNR
「よく打たれました。とくに初回にレフト方向に良い当たりばかりをされてしまいましたね。序盤の失点がききました。でも3回以降は相手を抑えることが出来たので次に繋がります」
躍動感のあるフォームから切れの鋭い変化球がよく決まり完投勝利。打っても2打点と投打に活躍した。 この日本塁打、2塁打を含む4打数2安打と活躍。絶好の場面での長打攻勢でチームに勢いをつけた。
前の試合までは6打席6三振と不振も、この日は3打数2安打に加え決勝打を放つなど復活を印象づけた。 初回2死2塁の好機に、ストレートを思いっきり振りぬき先制2ランを放った4番打者。

大会17日目 (8月4日・5日)
試合速報



 第15回記念関東草野球リーグ選手権大会は4日(土)・5日(日)、大会17日目を迎え、各階級で計81試合が行われた。

 土曜大会では、1部BのS-Crewが4番丹野の2点先制タイムリーとダメ押しアーチなど3打点の活躍で完勝。2部Bの東京ヘルシーチルドレンは初回から3点を奪い主導権を握るとその後は3人の投手リレーで逃げ切り勝ち。2部Dの協立機電工業鰍ヘ金子・田春に2者連続ホームランが飛び出すなど打線が爆発し快勝した。



 日曜大会では、1部CのTEAM ByBLOSが初回から相手エラーにつけこみ一挙6点を挙げるなど終始リードを奪い大勝。3部AのBMナイツは横山がホームランを含む3安打3打点、森が2点タイムリーを放つなど効率よく得点を挙げ競り勝ち。3部GのSasaki BLAZERSは1点ビハインドの最終回に佐々木(泰)がサヨナラ打を放ち、シーソーゲームに終止符。3部Hの連合艦隊は後藤、大野がそれぞれ完投勝利を挙げ、ダブルヘッダーを連勝した。



 4部Aのロンチャーズは2回に2番杉本、4番小沼のタイムリーで逆転に成功すると、最後は3番増田の2試合連続ホームランでダメ押し。4部Bの鶏は最終回、横尾のタイムリーで4点差をひっくり返し、会心の逆転勝利。新川・F・GIANTS'は打順の組み換えが功を奏し、大量8点を奪い完封勝利。NFBは7番清水、8番勝田、9番西山らにホームランが飛び出すなと、下位打線の活躍で競り勝ち。5部Cのウォリアーズは1-1の同点で迎えた7回に8番松下が殊勲の勝ち越しのタイムリー3ベースを放ち、待望の今季初勝利。5部DのAncall'sは1点ビハインドの5回2死から白鳥の逆転打、さらに馬場の2点タイムリーでリードを広げ、接戦をモノにした。ウィザードはスラッガー浅井の先制&決勝タイムリー、投げては鎌田が安定した投球で完封シャットアウトし、これで開幕6連勝。5部Jのホーリックスは初回に2失点もその裏すぐに打線がつながり逆転に成功、勝率を5割に戻した。6部Dのアルコニックスはダブルの1試合目を逆転で制し勢いづくと、2試合目は序盤から打線が爆発し大勝、初の連勝を果たした。6部Fの新宿オールスターズは6点を追う最終回、打者11人を送り込む猛攻で大逆転サヨナラ勝ち。6部Jのブレイザーズは9番小林の3安打、2番広渡のホームランなど打線がつながり5回コールド勝ち。NOSは5番高橋の先制打を皮切りに8番若林の2ラン、6番福嶋(泰)の2ランなど序盤から小刻みに得点を重ね快勝。6部LのO.U.E Wild Boarsは6番斉郷の要所でのタイムリー、投げては先発・盛の好投で完勝、4勝目を挙げ2位に浮上した。



1部 グループB

S-crew(練馬区) 6 × 0 Free-Style(江東区)

1部 交流戦

クボタBow's(中央区) 2 × 0 WINNERS(北区)
トヨタレンタリース東京(千代田区) 4 × 0 平田倉庫 野球部(墨田区)

2部 グループA

ヤマヤス(墨田区) 31 × 0 TOPGUNS(練馬区)
Saturday night フィーバーズ(北区) 8 × 2 西東京ヤンキース(練馬区)

2部 グループB

BBフェローズ(中央区) 16 × 2 NAC(千代田区)
東京ヘルシーチルドレン(中央区) 10 × 4 NAC(千代田区)
TIPNESS(千代田区) 7 × 6 マークアイ パイソンズ(千代田区)

2部 グループC

マルケンビームス(港区) 9 × 0 QUEST CLICKS(港区)

2部 グループD

協立機電工業梶i新宿区) 8 × 2 メタルウッズ(入間郡)




特別部 グループB

兼六住宅(足立区) 6 × 1 T・Hインセクターズ(世田谷区)

1部 グループA

光球会(柏市) 9 × 5 ALL STAR(浦安市)
エンブレム(北相馬郡) 7 × 0 56er's(富里市)

1部 グループC

TEAM ByBLOS(戸田市) 9 × 0 JASPA(板橋区)

2部 グループA

龍ヶ崎WINS(竜ヶ崎市) 7 × 0 アスレチックス(鎌ヶ谷市)

2部 グループB

全谷塚野球倶楽部(葛飾区) 4 × 3 ブラックジャイアンツ(葛飾区)
吉川ジミーズ(吉川市) 10 × 9 MANCHESTAR(船橋市)

2部 グループC

軍団(足立区) 7 × 0 G組(豊島区)

2部 グループD

FOHZ(横浜市) 9 × 0 Bleutas(江東区)

2部 グループE

サンライズ加藤(上尾市) 2 × 0 ブラックファイターズ(調布市)

3部 グループA

ファイナレス(船橋市) 5 × 3 Great・Dreams(千葉市)
BMナイツ(市川市) 7 × 4 市川インディアンズ(市川市)
BMナイツ(市川市) 3 × 3 千葉ホルモンズ(千葉市)

3部 グループB

Ghonnze(柏市) 5 × 1 てっく(木更津市)
スクラッチ(松戸市) 4 × 4 中央オールスターズ(松戸市)

3部 グループD

エンジェルス(葛飾区) 7 × 0 TOPPAN(台東区)

3部 グループE

コスモスバッカス(港区) 18 × 9 SIS Dreamers(中央区)

3部 グループF

六輝会(世田谷区) 9 × 0 荏田東ナマーズ(横浜市)

3部 グループG

Sasaki BLAZERS(練馬区) 6 × 5 JUNKIE 53's(練馬区)

3部 グループH

連合艦隊(川越市) 8 × 1 Brave Hearts(越谷市)
連合艦隊(川越市) 13 × 3 酔拳(越谷市)

4部 グループA

花見川闘球会(千葉市) 6 × 1 スコーピオンズ(船橋市)
ロンチャーズ(千葉市) 10 × 5 キョンツー(船橋市)

4部 グループB

鶏(松戸市) 8 × 7 しゃかりきコロンブス(市川市)
Sea Winds(柏市) 14 × 0 ロッキーズ(柏市)
新川・F・GIANTS'(八千代市) 8 × 0 Sea Winds(柏市)
NFB(野田市) 6 × 4 強気(松戸市)

4部 グループD

イセトー(中央区) 4 × 3 スーパークリアーズ(千代田区)
ニュートン野球部(千代田区) 7 × 0 日立キャピタル野球部(千代田区)

4部 グループF

JUMBLE(世田谷区) 5 × 5 WELB(大田区)

4部 グループG

Rockman(豊島区) 14 × 5 SUNBOWZ(板橋区)
SUNBOWZ(板橋区) 6 × 5 西東京ドルフィンズ(西東京市)

4部 グループH

Galaxy Railways(上尾市) 13 × 1 ラ・パイマギ(和光市)
Positive Dreams(さいたま市) 7 × 4 FIELD MAX(川口市)

5部 グループA

おろち(市川市) 4 × 1 ブラックビーズ(市川市)

5部 グループB

サンナップ(柏市) 7 × 4 DIAMONDS(流山市)
ブルドックス(松戸市) 24 × 7 ハルシオン(千葉市)
YTS(我孫子市) 7 × 0 ハルシオン(千葉市)
オディーキャッツ(葛飾区) 9 × 6 Johnny Depp(千葉市)

5部 グループC

FEVERS(足立区) 7 × 0 MONSTERS(足立区)
バックス(春日部市) 3 × 2 コンプレックス(草加市)
ウォーリアーズ(文京区) 4 × 1 90' Yankees(足立区)
大久保製壜所BBC(墨田区) 11 × 1 SPIRITS(北区)

5部 グループD

Ancall's(中央区) 6 × 3 日商ボンバーズ(中央区)
ウィザード(杉並区) 8 × 0 熱血 ! 野球団(中央区)

5部 グループF

WEEDS(新宿区) 4 × 4 ブルズ(新宿区)

5部 グループG

韋駄天(世田谷区) 9 × 2 東京聖栄大学(葛飾区)

5部 グループI

侍(三鷹市) 8 × 1 Up ↑ Show(調布市)
コンバッツ(三鷹市) 7 × 4 セブンティ ファイバーズ(立川市)
武栄會(稲城市) 7 × 7 あおぞら野球団(八王子市)

5部 グループJ

ペヤンズ(羽生市) 6 × 3 プリンス蕨(蕨市)
ホーリックス(戸田市) 12 × 2 新宿バリーボンズ(所沢市)

6部 グループB

艶男(松戸市) 10 × 5 BLUE SUNFISH(松戸市)

6部 グループC

パワーズ(葛飾区) 8 × 2 神谷カイザーズ(北区)

6部 グループD

アルコニックス(港区) 10 × 6 ニチメンインフィニティ(中央区)
アルコニックス(港区) 15 × 4 サラブレッズ(中央区)
SQUEEZE(港区) 8 × 8 LIVEX(中央区)

6部 グループE

ホーリーホックス(台東区) 6 × 3 ドルフィンズ(文京区)
Marine Waves(台東区) 16 × 0 TNR(文京区)

6部 グループF

新宿オールスターズ(新宿区) 12 × 11 原宿バグジーズ(渋谷区)

6部 グループG

ALSOK TUG SEVEN(千代田区) 6 × 2 戸田橋ポロリンズ(板橋区)

6部 グループH

GMO NETS(渋谷区) 11 × 8 桜上水クラスター(世田谷区)

6部 グループI

ルネフリート(横浜市) 22 × 9 川崎バッカス(川崎市)
Gang Buster's(横浜市) 14 × 2 Double Score(多摩市)

6部 グループJ

1000A(小平市) 5 × 2 獅狼斗(東大和市)
ブレイザーズ(蕨市) 16 × 4 スプリング モンスターズ(西東京市)
NOS(西東京市) 8 × 1 ネオ・エクスプレス(武蔵野市)

6部 グループK

クラウン精密(志木市) 7 × 0 ロケッツ(宇都宮市)
ブルーレイクス(さいたま市) 13 × 10 クラウン精密(志木市)

6部 グループL

迷球会(さいたま市) 6 × 5 Anchovi(さいたま市)
O.U.E Wild Boars(さいたま市) 7 × 1 WILD HEARTS(さいたま市)