6月17日(日) 日曜大会 1部B 1 2 3 4 5 6 7
日本建鐵株式会社 (船橋市) 1 0 2 1 1 0 0 5
吉川ベアーズ (吉川市) 0 0 0 3 0 0 0 3

 日本建鐵が得意の機動力を駆使した攻撃で序盤からペースをつかみ、粘る吉川ベアーズの反撃を振り切った。日本建鐵は初回1死から、まず2番・松山が内野エラーで出塁。その後3番・元吉の時、1塁走者の松山が2塁・3塁と連続して盗塁を成功させ、1死3塁と先制の好機を作る。そして3番・元吉のショートゴロの間に3塁走者・松山がかえり、日本建鐵が鮮やかな速攻で1点を先制する。さらに日本建鐵は3回にも追加点を奪う。先頭の1番・福島がドラッグバントを成功させると、初回と同様に今度は福島が2塁・3塁と連続盗塁を成功させ無死3塁とすると、2死後、4番・岡田の内野ゴロが相手野手のエラーを誘いこの回まず1点。さらに四球で2死1・2塁としたあと、6番・杉谷がセンター前に弾き返し、2塁走者が生還しこの回2点目。計3-0とリードを広げた。一方の吉川ベアーズの反撃は4回。連続ヒットで作った1死1・2塁から、5番・高橋が右中間を破る3塁打でまず2点を返すと、続く6番・本田の内野ゴロの間にもう1点を返し、3-4と1点差まで詰め寄る。しかし吉川ベアーズの反撃もここまで。5回に1点を追加した日本建鐵が3人の投手リレーで逃げ切った。

日本建鐵株式会社・元吉監督 ●吉川ベアーズ・安川監督
「うちらしい足を絡めた攻撃が上手くできました。2点目までをその足によって点を取れたのがまず最大の勝因です。さらに投手陣も、秘密兵器でとっていた投手2人を上手く投げさせることが出来、おまけにともに好投してくれたのでそれも大きな収穫です」 「イージーミスの連発が痛かったですね。タイムリーエラーをたくさんしては勝てないです。投手は守備のミスからリズムを崩し、最後まで調子が上がりませんでした。打つ方は相手チームの投手がよくてなかなか的を絞れなかった。課題は守備の強化ですね」


大会10日目 (6月16日・17日)
試合速報
※詳細は後日掲載いたします





 第15回記念関東草野球リーグ選手権大会は16日(土)・17日(日)、大会10日目を迎え、各階級で計94試合が行われた。

 土曜大会では、2部AのSpice 9が、一時逆転を許すも玉井のこの日3本目のヒットで再逆転に成功し競り勝ち。Saturday night フィーバーズは、柳川(英)、田島、柳川(義)らのタイムリーなど猛打で圧倒し、5回コールド勝ち。2部Dの昭鉄ブルーハーツはこの日ダブルヘッダーを敢行。1試合目を4番武山の先制3ランなど一発攻勢で大勝し勢いに乗ると、続く2試合目も水島監督自らにも満塁弾が飛び出し逆転勝利。ダブル2連勝を決めた。



 日曜大会では、1部AのGEN UNITEDが、3本のホームランで着々と得点を重ねると、投げてはエース浅野がノーヒットノーランの快投を演じ、7-0で攻守に完勝。1部Bの日本建鐵株式会社は、エンドランや盗塁、セーフティーバントなど、徹底した機動力野球で快勝。1部Cのファイナルズは、49才・鶴田の走者一掃逆転打、43才・大胡の1失点完投などベテラン勢が奮起し今季初勝利。3部CのK-2は、5回1死満塁から、安藤、田中の連続タイムリー、さらには伊藤の犠牲フライで一挙4点を挙げ逆転に成功、SAYAENDOに競り勝った。3部GのSasaki BLAZERSは、先発・長澤の投打にわたる活躍とそれを盛り立てるバックのファインプレーで快勝。3部HのBACKERSは、下村(悠)の1安打完封ピッチングで投打に完勝した。



 4部Aのクラシックロードは、序盤から小刻みに得点を重ね6-1でキョンツーを下し、5戦目にしてうれしい初白星。4部Cの葵クラブは、追う苦しい展開も、4回に9番長嶺の逆転2ランでようやく勝ち越し。先発・外間が粘るB・CENTURYの反撃を振り切り、1点差で全勝対決を制した。4部HのGalaxy Railwaysは、西出兄弟バッテリーによる投打の活躍で、開幕4連勝を決めた。5部Aの常楽ガーデンズは、今季新加入の増山・杉本の活躍で終始試合の主導権を握り快勝。5部Dのウィザードは、先発・鎌田の毎回奪三振の力投で息詰まる投手戦に勝利。5部Gの韋駄天は、先発・高田が5回までノーヒットピッチングの好投でリズムを作ると、打線が中盤以降爆発、連打で得点を重ねビーグルスを下した。6部Cの竹村ダンパーズは、鈴木の先制アーチ&逆転タイムリー、佐々木の同点ホームラン&好リリーフで会心の逆転勝利。6部Gの東京アトロフィーズは、一時満塁弾を浴び勝ち越しを許すも、その裏すぐさま再逆転に成功、無敗を守った。6部Jの横浜サザンクロスは、内藤の逆転満塁ホームラン、小林(雄)の2ランホームランなど一発攻勢で乱打戦に勝利。6部Kの差間Golden Eaglesは、4番篠原のタイムリー3ベースなどで徐々にリードを広げ、4勝目を挙げた。




2部 グループA

Spice 9(八千代市) 7 × 6 快賊GUILD(葛飾区)
快賊GUILD(葛飾区) 7 × 6 TOPGUNS(練馬区)
Saturday night フィーバーズ(北区) 10 × 0 TOPGUNS(練馬区)

2部 グループB

丸住小山スターズ(品川区) 4 × 2 ピスタチオ(品川区)
マークアイ パイソンズ(千代田区) 5 × 2 東陽アナライズ(中央区)
東陽アナライズ(中央区) 8 × 7 INA JAPAN(文京区)
SHINYAKU(中央区) 11 × 1 INA JAPAN(文京区)

2部 グループC

月下美人(区) 7 × 5 ビールアームズ(港区)
JTT(港区) 4 × 3 QUEST CLICKS(港区)
QUEST CLICKS(港区) 9 × 8 PSサンタクロース(大田区)

2部 グループD

昭鉄ブルーハーツ(横浜市) 16 × 2 内外電機株式会社(調布市)
昭鉄ブルーハーツ(横浜市) 12 × 7 協立機電工業梶i新宿区)



特別部 グループA

和名ヶ谷フレンズ(松戸市) 2 × 1 四ッ葉倶楽部。(さいたま市)

特別部 グループB

兼六住宅(足立区) 4 × 0 醍醐製作所グーフィーズ(練馬区)

1部 グループA

セブンティーンズ(習志野市) 5 × 1 光球会(柏市)
GEN UNITED(取手市) 7 × 0 セブンティーンズ(習志野市)
56er's(富里市) 5 × 4 ピーチーズ(習志野市)
ALL STAR(浦安市) 7 × 2 56er's(富里市)

1部 グループB

東十条パンサーズクラブ(北区) 2 × 1 Wilson(江東区)
日本建鐵株式会社(船橋市) 5 × 3 吉川ベアーズ(吉川市)
ブロケイド(松戸市) 2 × 2 SWEEPS(草加市)

1部 グループC

ファイナルズ(戸田市) 6 × 1 西松建設(港区)

2部 グループA

ゴリラ(松戸市) 7 × 0 アスレチックス(鎌ヶ谷市)
松風(山武市) 1 × 1 ROSA(印西市)

2部 グループB

NICKEY(柏市) 4 × 2 ブラックジャイアンツ(葛飾区)
AC(越谷市) 5 × 2 MANCHESTAR(船橋市)
AC(越谷市) 2 × 2 MAVERICK(台東区)

2部 グループC

KG'04(中央区) 18 × 0 G組(豊島区)
MOTOWN(中央区) 2 × 2 イーグルファーム(豊島区)

2部 グループD

Bleutas(江東区) 4 × 1 LET'S CREW(練馬区)
FOHZ(横浜市) 2 × 0 新三マンモス(江東区)

2部 グループE

The michi桜バンビーズ(所沢市) 4 × 3 ティアーズ(坂戸市)

3部 グループA

ファイナレス(船橋市) 9 × 2 L.A.M.F(千葉市)
ベアーズ(市川市) 8 × 2 市川インディアンズ(市川市)

3部 グループB

てっく(木更津市) 4 × 2 ハッタリーズ(松戸市)

3部 グループC

K-2(鎌ヶ谷市) 5 × 2 SAYAENDO(浦安市)
イーストクラブ(越谷市) 9 × 3 J・BOY(浦安市)
ボンディング(江戸川区) 8 × 4 H・D(草加市)
ボンディング(江戸川区) 4 × 0 文京マリナーズ(文京区)

3部 グループD

スタンドアップ(墨田区) 10 × 2 CHEATERS(足立区)
エンジェルス(葛飾区) 9 × 2 レッドハリケーン(足立区)

3部 グループE

H・I ドラゴン(港区) 4 × 3 兼古ファイターズ(千代田区)

3部 グループG

LIGHT STARS(府中市) 2 × 1 King Scorpion(練馬区)
無礼者(練馬区) 9 × 5 フォーティーン スターズ(小平市)
Sasaki BLAZERS(練馬区) 8 × 2 喜沢ソイヤーズ(戸田市)

3部 グループH

BACKERS(富士見市) 7 × 0 三浦野球団(さいたま市)

4部 グループA

Nine Scratch(千葉市) 7 × 0 太陽吠えーるず(習志野市)
クラシックロード(船橋市) 6 × 1 キョンツー(船橋市)
キョンツー(船橋市) 9 × 4 スコーピオンズ(船橋市)

4部 グループB

ロッキーズ(柏市) 7 × 0 柏パイレーツ(柏市)

4部 グループC

ドライスターズ(江戸川区) 11 × 1 越谷マシンガンズ(越谷市)
葵クラブ(北区) 5 × 4 B・CENTURY(江戸川区)

4部 グループD

エクストラ(中央区) 4 × 1 キラーズ(中央区)
MBファイターズ(中野区) 2 × 1 J-TOKO(渋谷区)
First Planners(千代田区) 5 × 5 イセトー(中央区)

4部 グループE

新宿B's(練馬区) 10 × 3 チーム・アット(新宿区)
チーム・アット(新宿区) 9 × 4 アイスクライマーズ(練馬区)
アクティリンク(新宿区) 11 × 1 Blacks(新宿区)

4部 グループF

Spindles(横須賀市) 8 × 5 スターレッツ(文京区)

4部 グループG

ラッキースターズ(西東京市) 6 × 2 いいちこ(昭島市)

4部 グループH

Galaxy Railways(上尾市) 5 × 4 中のみ(さいたま市)
ボンバーズ(ふじみ野市) 6 × 2 ばいきん(さいたま市)

5部 グループA

常楽ガーデンズ(取手市) 9 × 3 取手SOB(取手市)
市川イーストナイツ(市川市) 7 × 0 ZERO(浦安市)
Jacks(市川市) 10 × 0 ブラックキャッツ(中央区)

5部 グループC

コンプレックス(草加市) 8 × 7 SPIRITS(北区)

5部 グループD

ウィザード(杉並区) 4 × 0 Ancall's(中央区)
日商ボンバーズ(中央区) 7 × 3 DAIICHI-SANKYO(中央区)

5部 グループE

サンダース(千代田区) 14 × 0 Floppy's(品川区)

5部 グループF

グローバルホットライン(新宿区) 5 × 0 MINEちゃんヤンキース(豊島区)
MINEちゃんヤンキース(豊島区) 8 × 0 スリースターズ(新宿区)

5部 グループG

韋駄天(世田谷区) 8 × 2 ビーグルス(港区)

5部 グループK

Boa Sorte(さいたま市) 8 × 5 PAPER CUP(下都賀郡)
PAPER CUP(下都賀郡) 7 × 6 MAMIYERS(さいたま市)

6部 グループA

帝平Black Cats(市原市) 13 × 4 萬屋(船橋市)
BLUE DOLPHIN(船橋市) 5 × 5 jam(八千代市)

6部 グループB

昭和産業(市川市) 9 × 2 ザナーズ(市川市)

6部 グループC

竹村ダンパーズ(八街市) 7 × 3 パワーズ(葛飾区)

6部 グループD

SQUEEZE(港区) 10 × 0 Commtec(港区)
日本橋ドルフィンズ(中央区) 4 × 2 Commtec(港区)

6部 グループE

ホーリーホックス(台東区) 13 × 2 U.ベアーズ(文京区)

6部 グループF

オーガスタ(杉並区) 8 × 2 寿(新宿区)

6部 グループG

東京アトロフィーズ(練馬区) 7 × 5 赤坂タイガース(板橋区)
オクトパス(千代田区) 7 × 4 板橋JETS(板橋区)

6部 グループH

ラフィーネ(大田区) 9 × 3 GMO NETS(渋谷区)

6部 グループI

ルネフリート(横浜市) 15 × 5 Open Chucks(川崎市)
三菱化学横浜(横浜市) 9 × 0 MC.Exective(小田原市)
川崎バッカス(川崎市) 6 × 4 MC.Exective(小田原市)

6部 グループJ

横浜サザンクロス(八王子市) 11 × 9 アルバトロス(八王子市)
1000A(小平市) 10 × 3 横浜サザンクロス(八王子市)

6部 グループK

差間Golden Eagles(川口市) 8 × 4 Devil Wings(さいたま市)
ロケッツ(宇都宮市) 20 × 0 Mulinandes(川口市)
武蔵台イケメンズ(日高市) 8 × 6 ロケッツ(宇都宮市)

6部 グループL

アルタイル(さいたま市) 4 × 3 Anchovi(さいたま市)