5月6日(日) 日曜大会 2部E 1 2 3 4 5 6 7
ティアーズ (坂戸市) 0 0 0 0 0 0 0 0
レッドインパクト (さいたま市) 0 0 0 2 0 2 × 4

 ティアーズは初回、内野安打のランナーを送りバントで進め1死2塁といきなりのチャンスをつかむが、後続が倒れ無得点に終わる。レッドインパクトもその裏、2本のヒットと牽制悪投で1死2・3塁の好機を迎えるが、4番、5番が相次ぎ凡退し、こちらも得点には至らない。そんな投手戦模様の中、4回に試合は動き出す。レッドインパクトはヒットのランナーを置き、3番大島がライトをライナーで襲う2ランホームランを放ち2点を先制。均衡を破った。これで勢いづいたレッドインパクトは6回には、エラーで出塁した田原(慶)が2盗、3盗を立て続けに決め2死ながら3塁とすると、4番池田がライト前にタイムリーを放ち1点を追加。さらに5番早田の放ったライト線への打球が相手落球を誘い、その間にもう1点。4-0とリードを広げた。投げては、先発・大島のあとを受けた田原(慶)が4回以降ティアーズ打線につけ入るスキを与えず、見事完封シャットアウト。レッドインパクトが開幕2連勝を決めた。

レッドインパクト・田原(崇)主将 ●ティアーズ・上野監督
「打てない分、ノーエラーの守備でカバーしました。日々の練習の成果ですね。ピッチャーもよく投げてくれました。去年より失点を少なくやることが今年の目標ですので、好スタートが切れましたね」 「とにかく打てないですね。4番が今日も4タコで、開幕戦からブレーキになってしまっています。そろそろ降格を考え中です(笑) でも、半年振りに登板した石原が好投してメドが立ったのは収穫でしたね」


●金丸主将
戸田橋ポロリンズ(板橋区)
「勝たなきゃいけない試合でしたね。要所でミスが出てしまったり、打つ方でも、ランナーを出してからのもう1本が出せませんでした。各自が反省して、それを次に生かしたいですね」
○村中監督
赤坂タイガース(板橋区)
シーソーゲームに勝利し、「途中いつものように崩れたし(笑)、今季初試合でどうなることかと思いましたが何とか打ち勝つことができました。今から祝杯をあげに行って来ます(笑)」
○小原監督
フォーティーン スターズ(小平市)
13-0で大勝に、「初戦が黒星発進だったので、今日は気合十分で臨みました。みんながこの前の敗戦で、『このままじゃダメだ』と意識を変えて、自主練に励んだ成果が出ましたね」
○金子主将
獅狼斗(東大和市)
最終回同点とされるも、その裏のサヨナラ勝利に、「同点にされたときはヤバイと思いましたが、最後まで何が起きるか分かりませんね。諦めない気持ちが勝利を呼び込みました」
●坂井主将
IN3 ニャンキース(西東京市)
「好投手相手にここまで戦えて、負けはしましたが、戦っていく自信がつきました。最終回同点止まりだったのは自分の三振のせいなので、次回は打順の組み替えを考えます(笑)」
●梅岡主将
T・Hインセクターズ(世田谷区)
雨にたたられた初回の5失点が重くのしかかり、「相手も同条件ですし、1年の中にはこういう時もある。そこをどうしのぐかですね。それよりも無得点に終わった打線の方が問題です」
緩急を使った頭脳的ピッチングで、ボールをコーナーに散らし、T・H打線相手に3塁を踏ませぬ完封劇。 打っては3本の2ベース、最後は抑えの切り札としてマウンドに上がるなど、投打に大車輪の活躍。

大会4日目 (5月5日・6日)
試合速報



 第15回記念関東草野球リーグ選手権大会は5日(土)・6日(日)、大会4日目を迎え、雨天・グランドコンディション不良で一部試合が中止、各階級で計11試合が行われた。日曜大会特別部のJet'sは、初回に四死球やエラーを絡め一挙5点を奪うと、5回にも2点を追加し、7-0で大勝。1部Cの雲雀は、2年ぶりの登板となった主将の宮原の力投でファイナルズに勝利。3部Gのフォーティーン スターズは、うまく打線がつながり大量13点を挙げ、5回コールド勝ち。4部HのGalaxy Railwaysは、満塁弾3本が飛び出すなど打線が爆発し圧勝。6部Gの赤坂タイガースは、追いつ追われつのシーソーゲームの末、6回に決勝点を叩き出し、今季初戦を白星で飾った。6部Jの獅狼斗は、勝利目前の最終回に4点を失い同点とされるも、その裏2死3塁の場面で7番東野がショート強襲の内野安打を放ち、劇的サヨナラで接戦を制した。



今週は、試合予定がありませんでした。



特別部 交流戦

Jet's(世田谷区) 7 × 0 T・Hインセクターズ(世田谷区)

1部 グループC

雲雀(豊島区) 5 × 3 ファイナルズ(戸田市)

1部 グループD

カネマンクラブ(上尾市) 1 × 0 ランダムス(町田市)

2部 グループE

レッドインパクト(さいたま市) 4 × 0 ティアーズ(坂戸市)

3部 グループF

MID Knight(川崎市) 4 × 3 荏田東ナマーズ(横浜市)

3部 グループG

フォーティーン スターズ(小平市) 13 × 0 武蔵野倶楽部(武蔵野市)

4部 グループE

アイスクライマーズ(練馬区) 13 × 4 Blacks(新宿区)

4部 グループH

Galaxy Railways(上尾市) 16 × 0 クラウンフォックス(上尾市)

6部 グループD

SQUEEZE(港区) 17 × 5 アルコニックス(港区)

6部 グループG

赤坂タイガース(板橋区) 7 × 6 戸田橋ポロリンズ(板橋区)

6部 グループJ

獅狼斗(東大和市) 10 × 9 IN3 ニャンキース(西東京市)