9月2日(土) 土曜大会 1部A 1 2 3 4 5 6 7
清倶楽部 (北区) 0 0 0 0 0 0 0 0
S-crew (練馬区) 2 0 0 4 0 1 × 7

 S-crewが注目の土曜1部Aブロックの無敗対決を制し、インボイスドームへ大きく前進した。S-crewは初回、2つの四球で出た走者を2・3塁へ進めたあと、5番・伏見のライト前タイムリーヒットで2人が生還、幸先よく2点を先制。さらにS-crewは4回に打線が火を噴く。この回、先頭打者を相手内野エラーで2塁へ出塁させると、その後死球と内野ゴロで1死2・3塁の好機を作る。ここで迎えた9番・花土の内野ゴロの間にまず1点。2死後、1番・藤原がセンターオーバーの3塁打を放ちこの回2点目。さらに2番・吉田もセンターオーバーの3塁打で続きこの回3点目を挙げると、死球をはさんだあと4番・椎葉がレフト前に弾き返しこの回4点目。S-crewが6-0と大きくリードを広げた。守ってもエース・椎葉が好投。強打者が揃う清倶楽部の打線に的を絞らせず、結局7イニングを見事に無失点で抑え完封した。一方清倶楽部は、随所にヒットは出るが打線がつながらず椎葉投手に完封を許した。とくに初回に出した2塁の走者をけん制死で失ったのが最後まで響いた。

S-crew・平野監督 ●清倶楽部・斉藤監督
注目の無敗対決を制して、「初回に2死から取れた2点が大きかった。中盤は相手投手を打ちあぐみましたが、4回にまた2死から連打が出て追加点を奪えて完全にうちにペースを持ち込めました。このチームはいきなり打線が爆発するときがあるのですが、まさか4回にあそこまで打てるとは思っていませんでした。この1勝は大きいですが優勝は意識せず、一戦一戦大事に戦っていきます」 まさかの大敗に、「今日は初回に出した走者を牽制で刺されたのが大きかった。何とか先制してペースを握りたかったのですが。それにしても相手の打線の集中力は見事なものですね。いずれも2死から得点されたのですが、ここというところで1本出る攻撃には脱帽です。今年ももちろんドームを目指していますが、今日は痛い1敗になってしまいました。けど最後まであきらめず頑張ります」


●杉田主将
清倶楽部(北区)
「今日は優勝がかかった大事な試合でしたが、立ち上がりからペースがつかめず完敗でした。相手投手の好投にやられました」
○河合代表
Big☆B(流山市)
「守備からリズムを作って集中力を高め、そこから攻撃に上手く転化できました。今日の1勝は大きいです。今後も負けられない戦いが続きますが、トーナメント戦のつもりで頑張ります」
●瀬谷監督
ドライスターズ(墨田区)
「力不足です。打線が不発でした。今日は完敗です。今後は4部残留に向けて勝利あるのみです」
●高柳主将
チームS(鎌倉市)
「今日は先制点を取れたのですが、直後にすぐ逆転を許し相手を乗せてしまいました。また相手チームのうまい守備にもチャンスを阻まれてしまいました」
○松浦代表
マーベラス(品川区)
「今日は相手の投手もいい投手でしたが、打線がよく打った。ゲーム展開的には自分たちの流で戦えました。投手は苦労して投げていましたが、バックがよく守ってくれました」
●高橋主将
コンプレックス(草加市)
「今日はベストメンバーを揃えられず苦しい試合でした。打線が湿ってしまって、これでは勝てないのも無理ないです」
○青木監督
ディパーチャ(北葛飾郡)
「今日は先発の阿部とリリーフした鈴木がよく投げてくれました。投手が踏ん張り、バックもよく守ってくれて今日はディフェンスの勝利です。今後も楽しくいい試合が出来ればと思います」
●山口監督
SIS Dreamers(中央区)
「今日は早打ちをしすぎました。すごく攻撃時間が短かったです。エラーによる失点も大きかったです。すべては監督の責任です」
○山村監督
The michi桜バンビーズ(所沢市)
「今日は打線の調子が良かった。投打のバランスも取れて良い試合ができました。残りの試合も油断せず1試合1試合自分たちの野球をしていきたいです」
●村瀬主将
サザンクロス(新宿区)
「今日はエース不在である程度打ち合い覚悟で臨みましたが、エラーなどで余計な失点を与えてしまった。また打つほうも相手投手のうまい投球にやられてしまいました」
○相田部長
ブラックエンジェルス(さいたま市)
「今日はエースがよくリードを守り抜いてくれました。打つ方もいいところで長打が出てくれました。今後の試合も自分たちの最大限の力を出してベストを尽くしたい」
●溝口監督
イーストクラブ(越谷市)
「今日はエラー絡みの失点が多くて残念です。うちは接戦になるとエラーが出てしまうことが多いので、今後の課題は守備ですね」
○斉藤監督代行
喜沢ソイヤーズ(戸田市)
「今日は先発の前田の好投に尽きます。先制点を取れたのも大きかった。これで今季は借金があと1つなので、すぐに返して上位を狙って行きたいです」
○高山主将
ぬれせん(北葛飾郡)
最終回に3点のビハインドを跳ね返す劇的逆転勝利に、「最高の試合でした。新井の好投と諦めず守れたことが、最後の反撃につながりました。チーム全員でつかんだ勝利です」
●熊井主将
Mars(鳩ヶ谷市)
まさかの逆転負けに、「少し油断がありましたね。追加点を取れなかったのも響きました。試合展開は悪くはなかったのですが上手く逃げ切れず悔しい試合になってしまいました」
△石井監督
Villains(北区)
「今日は土壇場で同点に追いつけて負けなくてホッとしています。少ない失点で粘っていた投手の好投の賜物ですね。次の試合は勝てるようにチーム全員でまた頑張りたいです」
○上野監督
自立会(千葉市)
「今日は3人の投手がそれぞれ持ち味を発揮してくれてよく投げてくれました。打つ方もよく振れていて全員野球が出来ました。また次の試合もこの調子で頑張ります」
○小川監督
Jacks(市川市)
「しんどい試合でしたが、全体的に野球を楽しめました。投打ともまずまずの出来でした。今後も油断せず1試合、1試合勝って行きたいです」
●中野監督
jam(八千代市)
「今日は負けてしまいましたが、全勝チームといい試合が出来てチームの自信につながりました。みんな満足できる1日でした」
この日投げては決め球のスライダーを上手く駆使して6回無失点、打ってはタイムリーヒットと投打に大活躍。 コントロール重視の投球で相手打線を4安打・1四球に抑え、完封勝利。チームに貴重な白星をもたらした。
1点リードで迎えた5回、2死2・3塁から右中間にダメ押し点となる2点タイムリーを放つ。 今日は得意のカーブをうまくコントロールして2安打完封勝利を挙げる活躍。
この日強敵相手に打たせて取る頭脳的な投球で完投勝利を挙げ、チームに大きな白星をもたらした。 3回表、2死2塁からライト前に試合を振り出しに戻す同点タームリーを放つ。
2-2の同点で迎えた3回裏、1死2塁からライトへ勝ち越しとなる特大のホームランを放つ。 先発し5イニングを投げ1安打・無失点の好投。真っ直ぐのコントロールが抜群で相手打線を見事に封じた。
この日投げては4回イニングを好投、打っては試合をひっくり返す逆転2ランを放つなど投打に大活躍。 3点のビハインドで迎えた最終回、2死から劇的な逆転満塁ホームランを放つ殊勲の活躍を見せる。

大会20日目 (9月2日・3日)
試合速報




1部 グループA

S-crew(練馬区) 7 × 0 清倶楽部(北区)
清倶楽部(北区) 15 × 0 MBファイターズ(中野区)
WINNERS(北区) 3 × 1 BBフェローズ(中央区)

2部 グループA

ヤマヤス(墨田区) 8 × 2 NTC(港区)

2部 グループB

NLSロッキーズ(板橋区) 10 × 3 Floppy's(品川区)
HYBRID TIGERS(杉並区) 5 × 2 Double Play(世田谷区)
マルケンビームス(港区) 8 × 7 HYBRID TIGERS(杉並区)

2部 グループC

リパーク1994(新宿区) 7 × 1 QUEST CLICKS(港区)



1部 グループA

Big☆B(流山市) 4 × 0 56er's(富里市)
丸一鋼管(市川市) 4 × 2 エンブレム(北相馬郡)

1部 グループB

吉川ベアーズ(吉川市) 10 × 10 三晃クラブ(鳩ヶ谷市)

1部 グループC

サントリーフーズ(港区) 3 × 1 ファイターズ(西多摩郡)
東芝ライテック梶i横須賀市) 6 × 0 西松建設(港区)

1部 グループD

KYOHEI(さいたま市) 5 × 0 マリモーズB(板橋区)

2部 グループA

自立会(千葉市) 9 × 2 クーガース(千葉市)
GEN UNITED(取手市) 7 × 1 クーガース(千葉市)

2部 グループB

SWEEPS(草加市) 3 × 1 TOPPAN(台東区)
Heaven's Powers(墨田区) 6 × 5 新羅(豊島区)
Bullets(板橋区) 4 × 3 中野東クラブ(練馬区)

2部 グループD

サンライズ加藤(桶川市) 6 × 4 ガイスターズ ベースボールクラブ(世田谷区)
ファイナルズ(戸田市) 5 × 3 D-DAYS(比企郡)

3部 グループB

スクラッチ(松戸市) 9 × 3 リファインズ(松戸市)
てっく(木更津市) 4 × 4 ミラクルボーイズ(柏市)

3部 グループD

ぬれせん(北葛飾郡) 6 × 5 Mars(鳩ヶ谷市)
ビーンズ ニップス(川口市) 5 × 2 イーストクラブ(越谷市)
ビーンズ ニップス(川口市) 2 × 2 Villains(北区)

3部 グループE

デスペラード(横浜市) 7 × 4 六輝会(世田谷区)

3部 グループF

ブラックエンジェルス(さいたま市) 10 × 7 サザンクロス(新宿区)
喜沢ソイヤーズ(戸田市) 2 × 1 ブラックエンジェルス(さいたま市)
吉川ジミーズ(吉川市) 5 × 3 沙悟浄(さいたま市)
BARBARIANS(さいたま市) 11 × 7 TOP BOYS(新宿区)

3部 グループG

The michi桜バンビーズ(所沢市) 10 × 0 SIS Dreamers(中央区)

4部 グループA

NineScratch(千葉市) 9 × 3 RB(流山市)

4部 グループB

Sea Winds(柏市) 5 × 0 ドライスターズ(墨田区)
シャナナスポーツ(松戸市) 11 × 6 Sea Winds(柏市)
H・D(草加市) 2 × 0 オディーキャッツ(葛飾区)

4部 グループC

スタンドアップ(足立区) 9 × 1 TOYOTA(文京区)
酔拳(越谷市) 7 × 0 ジョニー(千葉市)
越谷マシンガンズ(越谷市) 5 × 5 満腹饅頭(足立区)

4部 グループD

First Planners(千代田区) 10 × 0 サンダース(千代田区)
復建レイダース(中央区) 6 × 0 ヤマトエキスプレス(港区)
復建レイダース(中央区) 13 × 13 サンダース(千代田区)

4部 グループE

クレイジー(新宿区) 11 × 5 スリースターズ(新宿区)

4部 グループF

BACKERS(富士見市) 4 × 3 ばいきん(さいたま市)
Sasaki BLAZERS(練馬区) 7 × 0 ジャンキース(練馬区)
FSOL大宮(さいたま市) 7 × 0 ジャンキース(練馬区)

4部 グループG

BEANS(川崎市) 2 × 1 ラッキースターズ(西東京市)

5部 グループA

キョンツー(船橋市) 8 × 1 京都サスペンス(浦安市)
キョンツー(船橋市) 5 × 5 ブラックビーズ(市川市)

5部 グループB

新川・F・GIANTS'(八千代市) 8 × 1 DIAMONDS(流山市)
ディパーチャ(北葛飾郡) 4 × 1 コンプレックス(草加市)

5部 グループC

Red Mebius(葛飾区) 1 × 1 新町レイラーズ(荒川区)

5部 グループD

シスコ野球クラブ(港区) 14 × 7 SQUEEZE(港区)

5部 グループE

日立キャピタル野球部(千代田区) 11 × 7 ブルースカイ(新宿区)

5部 グループG

マーベラス(品川区) 4 × 2 チームS(鎌倉市)

5部 グループH

ラ・パイマギ(和光市) 11 × 5 マードックス(戸田市)

5部 グループI

LIGHT STARS(府中市) 7 × 0 minors(所沢市)

6部 グループA

Jacks(市川市) 4 × 3 jam(八千代市)

6部 グループB

ユニオンB.C.(八潮市) 7 × 0 ドンマイズ(江戸川区)

6部 グループC

YRP(港区) 5 × 5 ケンズ(葛飾区)

6部 グループE

アイスターズ(千代田区) 7 × 0 新宿オールスターズ(新宿区)

6部 グループF

スナッキーズ(板橋区) 6 × 3 Boobs(練馬区)
SPIRITS(北区) 7 × 0 SHAKES(板橋区)

6部 グループG

Gang Buster's(横浜市) 12 × 3 ルネサンス マネジャーズ(横浜市)
チーム大和(相模原市) 7 × 6 東京アトロフィーズ(練馬区)

6部 グループI

侍(三鷹市) 10 × 0 チェスコ株式会社(戸田市)