8月6日(日) 日曜大会 特別部交流戦 1 2 3 4 5 6 7
和名ヶ谷フレンズ (松戸市) 0 0 0 0 0 2 0 2
TOOLS (荒川区) 0 1 0 1 0 2 × 4

 TOOLSが試合終盤に飛び出した主将の劇的な一発で和名ヶ谷フレンズを振り切り、優勝戦線に踏みとどまった。TOOLS・後上、和名ヶ谷フレンズ・前原の両右腕の先発で始まったこの試合。先制したのはTOOLS。2回、先頭の4番・結城がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず2盗・3盗と走り、さらに3盗のとき捕手からの送球が悪送球になり、ラッキーな形で1点を先制する。さらにTOOLSは4回にも2死2塁の好機を作ると、ここで迎えた6番・虎見(拓)がセンター前に弾き返し2-0と試合を優位に進める。このまま終わるかと思われた試合だったが、終盤に和名ヶ谷フレンズが粘りを見せる。6回表、和名ヶ谷フレンズはこの回先頭の4番・橋本が四球で出塁すると、続く5番・藤森がライトの頭上を越える3塁打を放ちまず1点を返すと、続く6番・川島のとき、TOOLSバッテリーにワイルドピッチが飛び出し3塁走者が生還。和名ヶ谷フレンズが土壇場で試合を振り出しに戻した。しかし追いつかれたTOOLSは直後にすぐさま突き放す。6回裏この回先頭の3番・虎見(一)が右中間を深ぶか破る本塁打を放ち1点を勝ち越すと、さらに連打でもう1点を加え4-2とリードを2点に広げた。結局TOOLSがこのリードを守りきった。

TOOLS・後上投手 ●和名ヶ谷フレンズ・前原投手
「もう一人の投手の虎見(拓)が初回に足を痛めて投げられなくなり、完投せざるをえなくなってしまって大変な一日でした。何とかコーナーを突いてかわす投球をしました。最後はアップアップでしたが勝ててよかったです」 「今日は藤森さんの替わりに先発させてもらったので何とか勝ちたかったのですが・・・ みんなに申し訳ないです。6回のホームランは甘く入ったところをガツンとやられました。今度投げる機会をもらえたら絶対に勝ちたいです」


●柴崎代表
てっく(木更津市)
「今日は相手のうまい攻撃にやられました。とくに走者を出してからしぶとくて厳しい攻撃をされてしまいました」
○本橋監督
ゴリラ(松戸市)
「序盤やや攻めあぐみましたが、中盤以降に理想的な攻撃が出来ました。この勝利で1敗1分をキープできたので、なんとかこの星を維持して優勝争いに残って行きたいですね」
●戸田主将
マードックス(戸田市)
0-9の完敗に、「ホームランを2本打たれて、大量点を与えてしまったのが大きな敗因です。うちのほうも何本かヒットが出たのですが、残塁の山で詰めが甘かったですね」
●笹原選手
Villains(北区)
「痛いところでエラーが出てしまいました。肝心なところでのミスはやはり得点につながってしまいますね。最後は粘って1点差まで追い上げたのですが、あと一歩足りませんでした」
○溝口監督
イーストクラブ(越谷市)
「今日は競った試合を何とか逃げきったといったと言う感じです。いいところでみんなヒットが出たのが大きかった。今後は守備も強化して次の試合以降につなげて行きたいです」
●三橋副主将
しゃかりきコロンブス(市川市)
「今日は投手がよく踏ん張っていたのですが、守りにミスが出てしまいました。打線は上向きなのですが、とにかく守りが悪すぎました。次はしっかり守りたいです」
○横井監督
テキサス(市川市)
「相手エラーなどで2回に7点取れて楽な展開になりました。長打も何本か出て理想的でした。久々の勝利をかみ締めます。うちは投手が少ないので今後増やしていきたいですね」
○塚越主将
Positive Dreams(さいたま市)
「とりあえず勝てましたので最低限の目標は達成しましたが、まだまだ上を目指して行きたいのでこれに満足するのではなく、これからもきっちりとした野球をして勝ち進みたいです」
●横山監督
BMナイツ(市川市)
「最近いつもホームランに泣かされていまして、今日も2本のホームランに泣いてしまいました。うまく先制したのですが、その後フライが多くて打線のつながりが今ひとつでしたね」
○高山監督
ぬれせん(北葛飾郡)
「今日は相手のミスにも助けられた面もありますが、打線が粘り強く打ってくれたのが大きな勝因です。今後の課題としてはもう少しチャンスを生かせる野球が出来ればと思います」
●山本監督
葵クラブ(北区)
「今日は完敗です。相手投手が良すぎました。ヒット1本ではやはり勝てませんね。貧打貧打の弱い打線で相手の投手に脱帽です」
●野村監督
Great・Dreams(千葉市)
「今日はホームランを打たれるなど攻守に完敗です。唯一の収穫は最大7点差あった試合を最終回に1点差まで詰め寄った打線の粘りは褒めたいと思います」
○宝里監督
Juggle(船橋市)
「今日は今シーズン初勝利です。打線がかみ合ってよく打ってくれました。10点取られても11点取り返すのがうちの野球です。とにかく初勝利の味は最高ですね」
○高田監督代理
パニックス(品川区)
「積極的に投手を起用したのですがなかなか波に乗れず苦しい試合でした。でも、あきらめず戦って何とか勝てました。最終回のあと1球まで負けていたので、勝てて御の字です」
●斉藤監督
マーベラス(品川区)
「自分が投げて最後サヨナラ負けを喫してしまったので偉そうなことは言えません。良いペースで進んでいたので、惜しい試合を落としてしまいました。みんなに申し訳ないです」
この日セーフティーバントを2回成功させるなど、3出塁と足のあるところを存分に見せつけた。 2-2のタイスコアで迎えた6回裏、右中間に決勝点となる値千金の勝ち越し本塁打を放った頼れる主将。
腰痛明けの最悪なコンディションながら、真骨頂のかわす投球で見事6イニングを投げ切った気合いの投手。 この日自慢の真っ直ぐが要所できまり3失点の完投勝利を挙げ、チームに貴重な白星をもたらした。
初回にいきなり飛び出した先頭打者アーチを始め、この日2本のホームランを放つなど大当たりの一日だった。 ダイナミックなフォームから力強いボールを投げる剛腕エース。この日も10奪三振の好投を見せた。
明日誕生日を迎えることから奮起したのかこの日、4打数3安打1ホームランと大爆発した。 打っては満塁弾に加えサヨナラを呼び込む内野ゴロ、投手としてもマウンドに上がり、まさに大車輪の活躍。

大会17日目 (8月5日・6日)
試合速報




2部 グループA

Dutch(市川市) 6 × 4 ヤマヤス(墨田区)
NTC(港区) 0 × 0 ASIA CLUB(越谷市)

2部 グループB

用賀キャベツ(世田谷区) 2 × 2 マルケンビームス(港区)

2部 グループC

リパーク1994(新宿区) 11 × 7 メタルウッズ(入間郡)
縁縁野球倶楽部(港区) 12 × 1 QUEST CLICKS(港区)



特別部 交流戦

TOOLS(荒川区) 4 × 2 和名ヶ谷フレンズ(松戸市)
J-CLUB(板橋区) 2 × 2 Jet's(世田谷区)

1部 グループA

Big☆B(流山市) 2 × 2 エンブレム(北相馬郡)

1部 グループB

東十条パンサーズクラブ(北区) 13 × 0 三晃クラブ(鳩ヶ谷市)

1部 グループC

東京カインド(新宿区) 7 × 1 オールワン(品川区)
サントリーフーズ(港区) 5 × 4 K-freak(杉並区)
東芝ライテック梶i横須賀市) 9 × 0 K-freak(杉並区)
東芝ライテック梶i横須賀市) 2 × 2 ファイターズ(西多摩郡)

1部 グループD

大宮ゆの郷(さいたま市) 4 × 1 東洋インキ埼玉(川越市)
釜ノ口(鴻巣市) 9 × 2 オールウェイズ(鶴ヶ島市)
加賀電子梶i文京区) 5 × 4 オールウェイズ(鶴ヶ島市)
レッドスキンズ(北本市) 3 × 3 カネマンクラブ(上尾市)

2部 グループA

ALL STAR(浦安市) 2 × 0 龍ヶ崎WINS(竜ヶ崎市)
自立会(千葉市) 4 × 1 市川インディアンズ(市川市)

2部 グループB

TOPPAN(台東区) 8 × 7 メイプル(江戸川区)
Heaven's Powers(墨田区) 5 × 4 TOPPAN(台東区)

2部 グループC

東京トヨペット株式会社(港区) 4 × 0 金沢キャッツアイ(横浜市)
横浜カラーズ(横浜市) 6 × 3 鴻池ドライバーズ(府中市)

2部 グループD

アスレチック ブロンコス(さいたま市) 4 × 2 ファイナルズ(戸田市)
アスレチック ブロンコス(さいたま市) 3 × 3 サンライズ加藤(桶川市)

3部 グループA

ROSA(印西市) 4 × 1 BMナイツ(市川市)
テキサス(市川市) 12 × 3 しゃかりきコロンブス(市川市)
Juggle(船橋市) 11 × 10 Great・Dreams(千葉市)

3部 グループB

ゴリラ(松戸市) 10 × 4 てっく(木更津市)
ミラクルボーイズ(柏市) 8 × 5 柏パイレーツ(柏市)

3部 グループC

新三マンモス(江東区) 4 × 1 グランドスラム(墨田区)

3部 グループD

イーストクラブ(越谷市) 7 × 6 Villains(北区)
ぬれせん(北葛飾郡) 5 × 1 葵クラブ(北区)

3部 グループE

デスペラード(横浜市) 4 × 1 東京ローリングス(港区)
東京ローリングス(港区) 9 × 4 53's(練馬区)
53's(練馬区) 5 × 4 Dead Leaves(秦野市)
レッドライオンズ(世田谷区) 6 × 0 イケメンズ(港区)

3部 グループF

酔狂(さいたま市) 4 × 1 サザンクロス(新宿区)

3部 グループG

ブラックファイターズ(調布市) 13 × 0 SIS Dreamers(中央区)
LET'S CREW(練馬区) 14 × 1 東京コリア(台東区)

4部 グループA

RB(流山市) 16 × 11 ROOTS(市川市)

4部 グループB

SILVER SHARKS(松戸市) 4 × 3 Sea Winds(柏市)
H・D(草加市) 6 × 3 シャナナスポーツ(松戸市)

4部 グループC

レッドハリケーン(足立区) 5 × 4 TOYOTA(文京区)
レッドハリケーン(足立区) 0 × 0 アニリンレザース(台東区)

4部 グループD

WHITE SIX(千代田区) 11 × 7 First Planners(千代田区)
GROOVY(中央区) 12 × 4 リクルートコスモス バッカス(港区)
イセトー(中央区) 13 × 2 オールスポニチ(中央区)

4部 グループE

神楽坂バーバリアン(新宿区) 4 × 2 スリースターズ(新宿区)

4部 グループF

イーグルファーム(豊島区) 14 × 0 ウィザード(杉並区)
FSOL大宮(さいたま市) 6 × 4 SLUGGERS(板橋区)
BACKERS(富士見市) 5 × 5 SLUGGERS(板橋区)

4部 グループG

SAYAENDO(浦安市) 11 × 2 0.085(中野区)
SAYAENDO(浦安市) 7 × 5 岩鉄(西東京市)
ジャギーズ(調布市) 13 × 4 エレクター(渋谷区)
MID Knight(川崎市) 12 × 2 エレクター(渋谷区)

5部 グループA

キョンツー(船橋市) 11 × 1 取手SOB(取手市)
ブラックビーズ(市川市) 12 × 4 京都サスペンス(浦安市)

5部 グループC

新町レイラーズ(荒川区) 6 × 1 MONSTERS(足立区)
Red Mebius(葛飾区) 5 × 5 MONSTERS(足立区)

5部 グループD

馬橋BC(杉並区) 15 × 9 シスコ野球クラブ(港区)

5部 グループE

日立キャピタル野球部(千代田区) 12 × 6 プリンズ(新宿区)
渋谷747(渋谷区) 13 × 5 プリンズ(新宿区)

5部 グループF

PMG(板橋区) 15 × 10 光が丘Walkers(練馬区)

5部 グループG

チームS(鎌倉市) 2 × 0 MEIJERS(大田区)
パニックス(品川区) 8 × 7 マーベラス(品川区)

5部 グループH

Positive Deams(さいたま市) 9 × 0 マードックス(戸田市)

6部 グループB

B・CENTURY(江戸川区) 12 × 1 BLUE SUNFISH(松戸市)
ユニオンB.C.(八潮市) 5 × 4 RAIDERS(江戸川区)

6部 グループC

BRANDNEW OCEANS(港区) 14 × 6 Commtec(港区)

6部 グループE

Fucker's(新宿区) 8 × 3 Blacks(新宿区)
Blacks(新宿区) 9 × 1 薬事日報ヤンキース(千代田区)
新宿オールスターズ(新宿区) 11 × 5 PAXXS(新宿区)

6部 グループF

スナッキーズ(板橋区) 25 × 5 Busters(杉並区)

6部 グループG

Gang Buster's(横浜市) 6 × 5 チーム大和(相模原市)
DELUXE(町田市) 11 × 1 Freeze(世田谷区)
ルネサンス マネジャーズ(横浜市) 11 × 10 東京アトロフィーズ(練馬区)
東京アトロフィーズ(練馬区) 10 × 7 FOLGORE(大田区)

6部 グループH

スーパーキャップス(さいたま市) 7 × 6 フィフティーズ(さいたま市)
フィフティーズ(さいたま市) 16 × 4 O.U.E Wild Boars(さいたま市)
迷球会(さいたま市) 11 × 11 WILD HEARTS(さいたま市)

6部 グループI

ブロークス(和光市) 5 × 0 スプリング モンスターズ(西東京市)
侍(三鷹市) 7 × 0 ドン☆タコス(狭山市)
NOS(西東京市) 22 × 4 ドン☆タコス(狭山市)
NOS(西東京市) 11 × 10 LIGHTNING-BOLT(武蔵野市)