4月30日(日) 日曜大会 3部B 1 2 3 4 5 6 7
エターナル・ドリームス (柏市) 0 1 1 0 1 0 - 3
ハッタリーズ (松戸市) 1 4 3 1 2 × - 11

 ハッタリーズが攻守に完勝、初戦白星で好発進を決めた。1-1の同点で迎えた2回裏ハッタリーズは、四死球と相手エラーからノーヒットで1点を勝ち越すと、3番豊島選手のタイムリーでさらに1点。続く4番河合(大)選手がセンター柵越えの2ランを放ち、この回一挙4点を奪い主導権を握る。さらにハッタリーズは3回に3点を追加しリードを大きく広げると、とどめは5回。4番河合(大)選手のこの日2本目となる柵越えアーチが左中間に突き刺さりダメ押し、勝負を決めた。一方のエターナル・ドリームスも負けじと2本塁打を放つが、いずれもソロアーチに終わり反撃ならず。四死球でランナーをため一発を浴びるという悪パターンで失った大量失点が、最後まで重くのしかかった。

ハッタリーズ・河合監督 ●エターナル・ドリームス・佐藤監督
初戦大勝に満面の笑みで、「2回の大量点で波に乗れましたね。みんながボール球に手を出さず我慢してくれた。全員でつないで勝ち取った勝利ですね。このいいムードを維持して、次につなげたいです」 「1-1の同点にしたところまでは良かったんですが、バッテリーミスが多くなってしまいましたね。打線も単発になってしまってつながらなかった。気持ちを切り替えて仕切り直して、2戦目を楽しみにします」


○渡辺監督
ファイナルズ(戸田市)
「初回、相手の制球が乱れたところで、たまたま3点取れました。新戦力の新岡が安定感のあるところを見せてくれたし、5回の後藤のファインプレーも大きかったですね」
●吉岡選手
ダブル・F(昭島市)
「先発の乱れが痛かった。打線もヒットも出て、持ち前の粘りで追い上げたんですが・・・ 最後はちょっと雑になってしまいましたね。今年は何とか1部復帰を狙います」
○郷谷主将
WILD HEARTS(さいたま市)
一時6点差のビハインドを跳ね返す大逆転勝利に、「諦めなければいいことありますね(笑)5回に一挙5点取った時は声も出てお祭り騒ぎでした。開幕ダッシュ、うまくいきました」
○中川主将代行
CHAMPS(さいたま市)
「打線もつながり、チャンスをしっかりモノにするうちらしい試合ができました。一年間を通してこういうゲームが出来ればいいですね」
●阿部主将
ガイスターズBBC(世田谷区)
「守備のミスでリズムを崩し、失点してしまいました。今季初戦で新ボールの感覚がつかめませんでした。うちはいつもスロースターターなので、これからです」
○大森監督
Boa Sorte(さいたま市)
ダブル1勝1敗に、「1試合目は監督の采配ミスで負けてしまいましたが、2試合目はその負けを引きずらずよくやってくれました。欲張らず自然体でやれば結果はついてくると思います」
●石崎主将
スーパーキャップス(さいたま市)
12失点の大敗に、「非常に恥ずかしい試合になってしまいました。近年になくひどい試合でしたね。練習不足です。次は気持ちを切り替えて頑張ります」
○小江主将
IMクラブ(横浜市)
ダブル1勝1分に、「2試合目は勝ちたかったですね。でも長いリーグ戦なんで、この結果は御の字です。これからもいかに自分たちの野球ができるかがポイントですね」
●高島主将
ぶっちゃあず(大田区)
「惜しい試合でした。しっかり守って、いつも通りの試合ができて、チームとしては手ごたえはあったんですが・・・ やっぱりバッティングが課題ですね」
△宮本主将
Bleutas(江東区)
「負け試合の展開だったので、引き分けまで持っていけたのは大きかったですね。ピッチャーが良く頑張りました。徐々にゲーム勘を取り戻していきたいです」
○松本主将
Freeze(世田谷区)
「終盤に相手投手の乱調につけこんで逆転できました。黄色い声援が足りないのが課題ですね(笑)うちはイケメンが多いので、良かったら誰かお願いします!!」
●大沼監督
Great Dippers(目黒区)
「出来たばかりのチームなので経験不足でしたね。全員野球をモットーに徐々に試合経験を積めば、もう少しいい試合ができると思います。目指せ初勝利!!」
○渡辺代表
チームS(鎌倉市)
「エラーが続かなかったので最少失点に抑えられました。今日は運が良かったですね。連係ミスなどがあったのでそこを修正して次戦に臨み、インボイスを目指していきます」
●尾関選手
Late Risers(品川区)
3塁打の後、バッテリーエラーでホームイン。孤軍奮闘の活躍もコールド負けを喫し、「まだまだ始まったばかり。元気を出して、今年はフル出場を果たせるよう頑張ります」
○鈴木監督
ブロークス(和光市)
「初戦だったので勝ててよかったです。初回先制できてリズムが作れました。昨年は成績が悪かったので、今年は数多く勝てるように頑張りたいです」
●小島主将
ドン☆タコス(狭山市)
「試合前のアップ不足で、エンジンのかかりが遅すぎましたね。それでも、初戦にしてはまずまずの試合ができたと思います」
○入戸野代行
新宿B's(新宿区)
「チームを作って初戦で、はじめは固さが見られましたが、5回に細川のヘッドスライディングでムードが盛り上がりました。今日は細川兄弟の活躍に尽きますね」
●浦野主将
MGL(千代田区)
「新ボールになって初めての試合でしたが、いつもとは感覚が違いました。序盤はいい展開だと思ったんですが・・・ 次ですね」
○栗原代表代行
京浜トマホークス(川崎市)
「今日は気持ちよく試合ができて勢いがつきました。うちはいつも息切れするので(笑)、今年はシーズン終盤までこの調子を維持して、ドームの土を踏みたいです」
○市川代表
Rockman(豊島区)
「先制されましたが、その後を加藤がしっかり締めてくれて流れを持ってきてくれました。3回に打線がつながって一気に逆転。エラーもなく上出来の試合で面白かったですね」
○吉野主将
FOLGORE(大田区)
「珍しく『守って良し、打って良し』の試合が出来ました(笑)エラーがなかったのが、特に良かったですね。今日のこの勝利は今後の勢いにつながりますね」
○山村監督
The michi桜バンビーズ(所沢市)
「初回に先制できたのが大きいですね。最終回の満塁のサヨナラのピンチはドキドキでしたが、自分がアウトにしたかった。とにかく早く終わらせたかったですね(笑)」
●廣瀬主将
ブラックファイターズ(調布市)
終盤チャンスを作りながらも追い上げ届かず、1点差競り負けに、「あと一本でした。満塁のチャンスが2回もあったのに、1本が出ませんでしたね」
5回にはレフトオーバーのホームランを放つなど、この日3安打3打点の活躍を見せる。 ランナーは背負いながらも要所を締め、相手打線を1安打に封じ、6三振を奪う熱投を演じる。
2回、打った瞬間それと分かるライトオーバーの満塁弾を放つなど、この日5打点と大暴れ。 左サイドハンドからカーブ、シンカーを操る変幻自在のピッチングでタイミングを外し、見事完投勝利。
抜ければホームランとなり1点差に迫られるレフト線へのライナーを華麗にダイビングキャッチ。危機を救った。 最終回ランナー2塁で、ライトライン際にしぶとく落とすサヨナラ打を放ち、チームを大逆転勝利に導く。
7回裏サヨナラの好機に、初球ストレートを狙い打ち。これがレフト前に抜け緊迫の投手戦に終止符を打った。 真っ直ぐとカーブの絶妙な組み立てでストライク先行のテンポのいいピッチング。被安打わずか2の完封劇。
大リーガー・大塚投手を彷彿とさせるフォームから力のあるボールを繰り出し、1失点完投勝利。 1点ビハインドの5回、無死1・3塁から、レフト越えの起死回生逆転3ランを放ち、チームを勢いづけた。
息の合ったバッテリー。この日はカットボールを多用する制球重視の投球で、見事相手打線を封じ込めた。 今シーズン初打席で、いきなりセンター前先制2点タイムリーを放ち、幸先のいいスタートを切った。

大会3日目 (4月29日・30日)
試合速報




1部 グループA

S-crew(練馬区) 5 × 2 WINNERS(北区)

2部 グループA

昭鉄ブルーハーツ(足立区) 9 × 2 AXIS BASEBALL CLUB(港区)

2部 グループB

JTT(港区) 13 × 2 アプラスドーターズ(新宿区)



特別部 交流戦

TOOLS(荒川区) 7 × 1 T・Hインセクターズ(世田谷区)

1部 グループA

光球会(柏市) 4 × 3 エンブレム(北相馬郡)

1部 グループB

セブンティーンズ(習志野市) 7 × 5 習志野バブルス(習志野市)
三晃クラブ(鳩ヶ谷市) 4 × 1 習志野バブルス(習志野市)
KEIYO(葛飾区) 5 × 1 K.A.S Bonding(江戸川区)

1部 グループC

東京カインド(新宿区) 8 × 1 ランダムス(町田市)
東芝ライテック梶i横須賀市) 5 × 4 FOHZ(大田区)

2部 グループA

Gonz(柏市) 1 × 0 市川インディアンズ(市川市)
自立会(千葉市) 8 × 7 MANCHESTAR(船橋市)

2部 グループB

ASIA CLUB(越谷市) 4 × 0 SWEEPS(草加市)
ASIA CLUB(越谷市) 8 × 1 Bullets(板橋区)

2部 グループC

IMクラブ(横浜市) 2 × 1 ぶっちゃあず(大田区)
IMクラブ(横浜市) 4 × 4 Bleutas(江東区)

2部 グループD

ファイナルズ(戸田市) 4 × 2 ダブル・F(昭島市)
CHAMPS(さいたま市) 6 × 1 ガイスターズ ベースボールクラブ(世田谷区)

3部 グループA

Great・Dreams(千葉市) 3 × 1 BMナイツ(市川市)

3部 グループB

Rスターズ(流山市) 7 × 4 ミラクルボーイズ(柏市)
ハッタリーズ(松戸市) 11 × 3 エターナル・ドリームス(柏市)

3部 グループC

習志野エポックス(習志野市) 2 × 0 CSマリーンズ(習志野市)

3部 グループD

Mars(鳩ヶ谷市) 6 × 0 イーストクラブ(越谷市)
ビーンズ ニップス(川口市) 1 × 0 ぬれせん(北葛飾郡)
ビーンズ ニップス(川口市) 3 × 3 ボストンクラブ(北区)

3部 グループG

The michi桜バンビーズ(所沢市) 3 × 2 ブラックファイターズ(調布市)

4部 グループA

CHIBA CUBS(千葉市) 5 × 4 ROOTS(市川市)

4部 グループB

H・D(草加市) 3 × 2 ドライスターズ(墨田区)

4部 グループC

レッドハリケーン(足立区) 8 × 1 自由人(荒川区)
スタンドアップ(足立区) 6 × 1 ジョニー(千葉市)

4部 グループD

BIG ISLAND(世田谷区) 8 × 5 オールスポニチ(中央区)

4部 グループE

チーム・アット(新宿区) 3 × 0 神楽坂バーバリアン(新宿区)
リムジン(大田区) 3 × 1 Bay Blues(品川区)

5部 グループB

チーム忠(柏市) 4 × 3 DIAMONDS(流山市)

5部 グループD

ウォーリアーズ(文京区) 11 × 10 スターレッツ(文京区)

5部 グループE

新宿B's(新宿区) 10 × 2 MGL(千代田区)

5部 グループF

東京STAR WINS(練馬区) 8 × 6 伊藤ハム アルトバイエルン(目黒区)
光が丘Walkers(練馬区) 10 × 5 伊藤ハム アルトバイエルン(目黒区)
Rockman(豊島区) 8 × 2 CUTVUS(練馬区)

5部 グループG

チームS(鎌倉市) 13 × 2 Late Risers(品川区)
京浜トマホークス(川崎市) 13 × 0 バロンズ(川崎市)

5部 グループH

ラ・パイマギ(和光市) 13 × 2 アルタイル(さいたま市)
アルタイル(さいたま市) 7 × 0 プリンス蕨(蕨市)
Positive Dreams(さいたま市) 7 × 0 プリンス蕨(蕨市)

6部 グループA

Jacks(市川市) 5 × 4 ROUGHERS(筑波郡)
YST taboo(千葉市) 6 × 2 ドリームス(鎌ヶ谷市)

6部 グループB

ビギナーズ(野田市) 10 × 3 ガスケッツ(江戸川区)
B・CENTURY(江戸川区) 17 × 0 ビギナーズ(野田市)

6部 グループD

T's(中央区) 7 × 0 サラブレッズ(中央区)
熱血!野球団(中央区) 6 × 5 T's(中央区)

6部 グループE

スーパークリアーズ(千代田区) 7 × 0 YANKEES(新宿区)

6部 グループF

SPIRITS(北区) 6 × 2 差間Golden Eagles(川口市)

6部 グループG

Freeze(世田谷区) 7 × 6 Great Dippers(目黒区)
FOLGORE(大田区) 11 × 1 Gang Buster's(横浜市)

6部 グループH

WILD HEARTS(さいたま市) 8 × 7 Boa Sorte(さいたま市)
Boa Sorte(さいたま市) 12 × 2 スーパーキャップス(さいたま市)

6部 グループI

スプリング モンスターズ(西東京市) 5 × 4 チェスコ株式会社(戸田市)
ブロークス(和光市) 9 × 4 ドン☆タコス(狭山市)