7月31日(日) 日曜大会 1部C 1 2 3 4 5 6 7
東京トヨペット株式会社 (港区) 2 0 1 0 0 1 4
ナブコシステム (港区) 2 0 1 0 2 × 5

 ナブコシステムが長打攻勢で効果的に得点、追いつ追われつの大熱戦を制した。東京トヨペットは初回、ナブコ先発・桜井投手の立ち上がりを攻め、2つの死球とエラーなどノーヒットで2点を先制する。しかしナブコもその裏すぐさま反撃。2番辺見選手の本塁打などで2点を返し、2-2と試合を振り出しに戻す。3回表トヨペットはこの回先頭の1番松村選手が3塁打で出塁すると、ここで2番小林選手がきっちりスクイズを決め勝ち越しに成功。なおも2死満塁とチャンスは続いたが、ここはナブコ桜井投手が踏ん張り追加点は許さない。再び1点を追う立場となったナブコ。嫌なムードを断ち切ったのはまたも辺見選手だった。その裏、初回に続き2打席連続となるソロアーチを放ち、3-3の同点に追いつく。これで流れを引き寄せたナブコは5回、ついに逆転に成功する。ヒットと四死球で1死満塁のチャンスに、この日6番に入ったDH吉田選手が値千金のタイムリー2ベース。2者が生還し、この試合初めてのリードを奪う。最終回、トヨペットも粘りを見せ、1点を返しなおも勝ち越しのランナーを送り込むも、最後のバッターが外野フライに倒れゲームセット。マウンドを守った桜井投手が両手を高々と突き上げ、ナブコシステムが東京トヨペットを下し、待望の今季初勝利を挙げた。

ナブコシステム・岸川監督 ●東京トヨペット株式会社・内田監督
「やっとの思いで勝てました(笑) 取られて追いついてのナイスゲームでした。辺見の2本のアーチが効きましたね。そして吉田が一本で決めてくれました。2ヶ月ぶりの試合で不安もありましたが、この試合に賭けていただけに勝ててうれしいです」 「相手投手がよかったです。勝ち越してもすぐに追いつかれてしまって・・・ ペースがつかみきれませんでした。そこを何とかしないといけませんね。最後はランナーためることができ、粘りは見せれたと思います。次の試合に向け、気持ちを入れ替えます」

●永瀬選手
RANGERS(練馬区)
初回、先頭打者アーチで打線を勢いづけるも接戦を落とし、「いいムードを作れたんですが、その裏すぐに普通のショートゴロを送球ミスしてしまって・・・ 悔しくてしょうがないです」
●山岸選手
無礼者(西東京市)
「うちのエースが久々にパンパン打たれてしまいました。しょうがないです。完敗ですね。チャンスをモノにできたかできなかったかが勝負を分けました。(初黒星に)ガックリです・・・」
△日下投手
マリモーズB(板橋区)
“スミ1”を守りきれず最後の最後で同点に追いつかれ、「こんなんばっかです(笑) チャンスに自分に回ってきて一本出せなかった。自業自得です。なかなかうまくいきませんね」
△橋本監督
RED BIRDS(北区)
「アウトローのボールに苦しみ、6回までアップアップでしたが、7回はクリーンアップがよく粘って、ようやく同点に追いつけました。彼らならきっと何とかしてくれると信じてました」
○小久保監督
日油技研工業梶i川越市)
「打線がうまく機能し大量点につながりましたね。先日のアークカップで上までいけたことで、選手が自信をつけてくれました。秋はこのリーグで優勝し、西武ドームの土を踏みたいです」
○鎌形代表
満腹饅頭(足立区)
「苦しい試合でした。被安打3なのに四球・エラーで失点・・・ 基本的に暑さに弱いので、スタミナアップのために、今からみんなで焼肉パーティーでもして“満腹”になってきます(笑)」
○新井田選手
デスペラード(横浜市)
4番打者として値千金の決勝打を放つ活躍に、「インローのカーブでしたが、うまくすくい上げられました。ここまで不振でチームに迷惑をかけてきたので、今日の勝利は格別です」
●馬渡主将
TOYOTA(府中市)
この日初黒星を喫し、「(決勝打は)追い込んでからの失投でしたが、打った方がうまかったです。序盤サインミスなどで結果ゲッツーになってしまい、あれが痛かったですね」
●浦野主将
MGL(千代田区)
12-13で惜敗に、「消耗戦でしたね(笑) いい感じで攻撃できたんですが、それ以上に相手にやられてしまいました。最後は逆転したので何とか逃げ切りたかったんですが・・・」
○永井監督代行
リクルートコスモス バッカス(港区)
「打ち疲れ・守り疲れ・点取られ疲れです(笑) でも終わってみればダブル連勝で最高ですね。若手とベテランがかみ合い、取られても取り返す野球ができました」
●星選手
BARBARIANS(さいたま市)
満塁から走者一掃の3ベースを放ち一時はリードもサヨナラ負けを喫し、「あの打席は狙ってました。でも勝てなきゃしょうがないです。一線級との壁を何とかクリアしたいですね」
●市瀬監督
DOKI DOKI HONEYS(文京区)
0-6の完敗に、「気持ちよく、いい汗がかけましたが、久々の試合で全然ダメでしたね(笑) きれいに打たれてきれいに負けてしまいました。また次から仕切り直して頑張ります」
○中村監督
T's(中央区)
「ここまで4連敗だったので、今日はそのうっ憤が晴らせました。エースの小泉が完封してくれたし、ノーエラーだったのが何よりです。投打に万全の試合ができました」
○千葉投手
ドン☆タコス(狭山市)
好調Up↑Show打線を被安打1に抑える快投に、「ストレートで強気に攻めたのがよかったんだと思います。ナックルは投げてみたんですが、振ってくれませんでした(笑)」
●石崎主将
スーパーキャップス(さいたま市)
1点差での敗戦でまたも初勝利を逃し、「いつもと同じで詰めが甘い・・・ メンタル面ですかね。リードで最終回を迎え、『今日は勝てる!!』と浮き足立っちゃいました」
●高山監督
Sea Winds(柏市)
「今日は相手の投手のペースにはまり、抑えられてしまいました。特にカーブ、フォークが良かったですね。守りのミスは珍しくなかったのですが完敗でした」
●小山監督
FEVERS(足立区)
「今日は7点取れたので打つ方はまあまあだったのですが、投手陣が不調でやられてしまいました。終盤までリードしていたので惜しい試合でした」
●浜口投手
DIAMONDS(流山市)
「せっかく投手戦でずっときたのに、自分の悪送球で試合を壊してしまい残念です。投球の内容は悪くなかったのですが・・・」
●田中選手
Three A(葛飾区)
「最近チームの勝率がいまひとつなのですが、やはり歳なのですかね。あとチームのエースが肩を壊して投げられないので、その影響も大きいです」
△小林投手
K's(柏市)
「今日はコントロールが悪く勝てた試合を引き分けてしまいました。何とか勝ちたかったのですが・・・ この引き分けは優勝を狙う上で非常に痛いですね」
△宗田投手
MALTS(船橋市)
「今日は暑くてスタミナを消耗する試合でした。バテないようにストレートを多目にして変化球をなるべく投げないような投球を心がけました」
○千秋選手
オールスポニチ(中央区)
「ただいま巨人ファンのお嫁さん募集中です。あと、8月9日付のスポニチに春のアークカップの特集記事が出るので、皆さん是非ご覧になってください」
●村田投手
パワーズ(葛飾区)
「今日は疲れました。悔いのない投球を心がけていましたが打たれてしまい、他にも投手がいたのですがみんな暑くて代わってくれませんでした(笑)」
○天野選手
RB(流山市)
「今日はみんなよく打ったと思います。とりあえず負けないで良かったです。打線が爆発してくれて、まさか14得点できるなんて信じられないです」
胸元をえぐるシュートで7回を3失点の好投を見せた李投手(左)とこの日逆転打を含む全打席出塁の金選手。 6-8で迎えた最終回、同点に追いつきなおも1死2塁のチャンスで1・2塁間をライナーで抜く劇的サヨナラ打。
5番打者として、満塁で走者一掃の3ベース、さらには満塁弾を放つなど計7打点、サイクルヒットの大爆発。 無礼者に真っ向勝負を挑み、7回を2失点に封じた急式投手(左)と貴重な同点タイムリー放った野村選手。
この日打っては3打数2安打1ホームラン。投げては7回2失点の完投と投打に大活躍。 5回裏走者を2塁に置き、起死回生の同点2ランホームランを放つ活躍でチームの勝利に貢献。
猛暑の中、3-1安打と活躍した板倉選手(左)と6回裏にダメ押しのセンター前タイムリーを放った岡部選手。 2回裏2死2塁の場面でセンター前ヒットを放ち、貴重な先制点を挙げる活躍。

大会16日目 (7月30日・31日)
試合速報




1部

GS野球部(港区) 12 × 3 Boston Players Special(杉並区)
GS野球部(港区) 2 × 1 NTC(港区)

2部Aリーグ

ヤマヤス(墨田区) 4 × 3 呂布(文京区)

2部Bリーグ

平田倉庫(江東区) 4 × 0 ニスコム(渋谷区)



特別部・交流戦

Wilson(江東区) 6 × 5 TOOLS(荒川区)

1部Aリーグ

アスレチックス(鎌ヶ谷市) 7 × 1 ブロケイド(松戸市)
全谷塚野球倶楽部(葛飾区) 4 × 2 Three A(葛飾区)

1部Bリーグ

みるくポッキー(習志野市) 5 × 4 Baseball Club BATMANS(鎌ヶ谷市)

1部Cリーグ

Tetts(豊島区) 7 × 4 サントリーフーズ(渋谷区)
ナブコシステム(港区) 5 × 4 東京トヨペット株式会社(港区)
HOFZ(杉並区) 6 × 4 ナブコシステム(港区)

1部Dリーグ

日油技研工業梶i川越市) 11 × 2 JACKIE'S(横浜市)
KYOHEI(さいたま市) 4 × 0 カネマンクラブ(上尾市)

2部Aリーグ

吉川ベアーズ(吉川市) 4 × 3 自立会(千葉市)
K's(柏市) 2 × 2 MALTS(船橋市)

2部Bリーグ

米本GIANT'S(志木市) 13 × 1 VILLAINS(北区)
RED BIRDS(北区) 1 × 1 マリモーズB(板橋区)

2部Cリーグ

G-CF(練馬区) 7 × 6 BARBARIANS(さいたま市)

3部Bリーグ

MICフリーバーズ(草加市) 4 × 2 Great・Dreams(千葉市)
BMナイツ(市川市) 6 × 4 ASIA CLUB(越谷市)
BMナイツ(市川市) 7 × 2 Backup(柏市)

3部Cリーグ

東京コリア(台東区) 4 × 3 RANGERS(練馬区)

3部Dリーグ

D-DAYS(比企郡) 4 × 2 無礼者(西東京市)

4部Bリーグ

RB(流山市) 14 × 3 パワーズ(葛飾区)
MACHINEGUNS(越谷市) 10 × 0 亀有メッツ(葛飾区)

4部Cリーグ

満腹饅頭(足立区) 9 × 5 伊藤ハム アルトバイエルン(目黒区)
オールスポニチ(中央区) 7 × 5 北球友クラブ(北区)

4部Dリーグ

TOP BOYS(新宿区) 5 × 2 JTT(港区)

4部Fリーグ

デスペラード(横浜市) 4 × 2 TOYOTA(府中市)

5部Bリーグ

第二段階(市川市) 4 × 2 Sea Winds(柏市)
チームキング(船橋市) 4 × 1 DIAMONS(流山市)

5部Cリーグ

NLSロッキーズ(板橋区) 8 × 7 FEVERS(足立区)

5部Dリーグ

リクルートコスモス バッカス(港区) 15 × 6 ダイナマイツ(文京区)
リクルートコスモス バッカス(港区) 13 × 12 MGL(千代田区)

5部Eリーグ

Late Risers(品川区) 9 × 8 スーパーキャップス(さいたま市)

6部Aリーグ

取手SOB(取手市) 16 × 0 昭和産業(市川市)

6部Cリーグ

T's(中央区) 6 × 0 DOKI DOKI HONEYS(文京区)

6部Dリーグ

SPIRITS(北区) 9 × 1 Rockman(豊島区)
RU大塚(豊島区) 6 × 4 Boobs(練馬区)

6部Eリーグ

BraveLights(さいたま市) 13 × 0 BoaSorte(さいたま市)
アルタイル(さいたま市) 5 × 1 フィフティーズ(さいたま市)
O.U.E ワイルドボアーズ(さいたま市) 5 × 5 WILD HEARTS(さいたま市)

6部Fリーグ

ドンタ☆コス(狭山市) 7 × 4 Up↑Show(調布市)

6部Gリーグ

ラ・パイマギ(和光市) 8 × 6 PMG(板橋区)