7月10日(日) 日曜大会 1部D 1 2 3 4 5 6 7
カネマンクラブ (上尾市) 0 0 0 0 0 0 0 0
日油技研工業 (川越市) 0 0 2 1 0 0 × 3

 序盤の攻防を制した日油技研がエース小澤投手の力投で快勝した。最初にチャンスをつかんだのはカネマンクラブ。2回1死から四球とヒットで1・2塁のチャンスをつかむが後続が凡退。3回にも2死から連打で1・2塁とするも無得点に終わり、惜しい先制機を逃す。試合が動いたのはその裏、日油技研の攻撃。この回先頭の1番大熊選手が右中間への2塁打で出塁すると2番長谷川選手がきっちり送り、1死3塁と絶好の形を作る。ここで3番生井澤選手が低めのボールにしぶとく食らいつきエンドランを決め先取点。さらに4番小澤選手もヒットでつなぎ2死ながら1・2塁とすると、6番小久保選手がセンター前タイムリーを放ち、日油技研が2点を先制した。続く4回にもエラーで出たランナーを送りバントで3塁に進め1死3塁とすると、またもエンドランで3点目、カネマンクラブを突き放した。投げてはエース小澤投手がランナーを背負ってからの粘りの投球で見事な完封劇。1部Dグループの首位をがっちりキープするとともに、今週末に迫った東京ドームでのアークカップ優勝戦の大一番へ向け、万全の仕上がりを見せた。

日油技研工業・小久保監督 ●カネマンクラブ・加藤監督
「1番が出て送ってエンドランで先制、4番がつないで2点目と理想的な攻撃ができました。守備ではレフトの糸魚川が球際に強いところを見せてくれるなど、内外野ともよく守ってくれましたね。リーグ戦はいつも2位で優勝戦行きを逃しているので、今年こそはと燃えています」 「序盤のチャンスで一本出なかった、攻め切れませんでしたね。ストレート狙いでいかせたんですが、うまくいきませんでした。日油技研さんはさすがにまとまったいいチームでしたね。ここぞという時にきっちり点を取ってくる。今日の負けを糧に、また一戦一戦やっていきます」

△小沢投手
M'S(上尾市)
自らの勝ち越し打でリードを奪うも、最終回まさかの同点に追いつかれ、「悔しいですね。最後は単調になったところを打たれました。やっぱり強いチームは失投を見逃さないですね」
△笹俣選手
無礼者(西東京市)
7回2死からの同点打に、「実は6回だと思って気楽に打席に入ったんですが、かえってそれが良かったのかもしれませんね(笑) 引き分けになりましたが、勝ちに等しい試合でした」
○中島選手
中野東クラブ(練馬区)
全勝対決を快勝し、「16年前、たけし軍団さんと対戦して、その時は自分のエラーからこてんぱんにやられました。らっきょさんにはその時のリベンジをようやく今日果たせましたね」
●宮下選手
ばいきん(さいたま市)
「死球やエラーでランナーためてタイムリーで大量失点・・・ あの回だけでしたね。打つ方も再三のチャンスにあと一本が出なくて・・・ でも最後まで粘れて、次につながると思います」
●田中守備コーチ
HIRAMAX(さいたま市)
「3回のチャンスで1・2・3番の上位打線が三者連続三振・・・ あそこで1点でも取れていたら・・・ でもヒットは出たし、守備でもダブルプレイを決められたので、2勝目はすぐそこです」
●久米本代表補佐
プーズ(さいたま市)
「残念です。3回にピッチャーがバテて四球で崩れてしまいました。バックも暑さにやられてポロポロ・・・ 体力負けでした。最後に満塁まで攻め立て粘りを出せたのは収穫でしたね」
○大西監督
BraveLights(さいたま市)
開幕6連勝に、「エラーの差で勝てましたね。うちはズバ抜けた選手はいませんが穴もない。その日集まったメンバーによって波がないのがこの結果につながっているんだと思います」
●吉田監督
市川イーストナイツ(市川市)
「今日は相手打線につかまり、滅多打ちにあってしまいました。完敗です。チームを立て直して残り試合に出直します」
○阿部選手
ロッキーズ(柏市)
「今日は暑い中、締まった試合が出来ました。いつもは9人ぎりぎりのメンバーで戦うのですが、今日は11人もきて少しゆとりが感じられました」
●老沼選手
Buckins(柏市)
「1点差で惜しい試合展開でしたが、あと一歩及びませんでした。最後のチャンスの場面は何とか同点に追いつきたかったのですが・・・ 残念!!」
●横井監督
テキサス(市川市)
「守備・打を含め、今日は相手チームの方が一枚上手でしたね。エンドランなどのうまい攻めにやられてしまいました。相手は野球をやり慣れているといった印象です」
○津波古投手
零(市川市)
「今日の投球の出来はいま一つでした。コントロールが悪かったです。でも点数を取られなくてよかったです」
今季4部Aリーグのロッキーズ(柏市)が好調だ。投打にバランスの取れたメンバーで、ここまでの6試合を5勝1敗の好成績。堂々グループの首位に立っている。中心は捕手の三坂主将。コーナーワークをうまく使ったリードと、毎回のように大きな声で内外野に指示を出すその姿は、まさしくチームの司令塔としての責任感が十分。また、守っても内野の要・小室3塁手を軸に固い堅守を誇る。今年でチーム結成12年目を迎えるロッキーズ。リーグ参加歴も長く、「今年こそはリーグ優勝して悲願の夢舞台出場を」とナインは一丸となって燃えている。
2回2死満塁の場面で、クリーンアップの連打の口火を切るセンター前タイムリー。ビックイニングにつなげた。 生命線であるアウトローへの抜群のコントロールで、5回を3者連続三振を含む7奪三振無失点の快投。
2打数2安打4打点の大暴れ。2塁打、3塁打も1本づつ放っており、チームのコールド大勝に大きく貢献。 この日はリリーフとして6回から登板し、2イニングを快速球でピシャリ締めるナイスピッチングを披露。

大会13日目 (7月9日・10日)
試合速報




1部

MBファイターズ(新宿区) 5 × 1 東京ローヤーズ(千代田区)
GS野球部(港区) 17 × 0 丸住小山スターズ(品川区)

2部Aリーグ

SGレッドスターズ(墨田区) 4 × 1 東陽アナライズ(中央区)

2部Bリーグ

マルケンビームス(港区) 13 × 4 インフィックス(新宿区)



1部Bリーグ

習志野バブルス(習志野市) 7 × 2 オイラーズ(習志野市)

1部Dリーグ

日油技研工業梶i川越市) 3 × 0 カネマンクラブ(上尾市)

3部Aリーグ

トステムガッツ(柏市) 4 × 2 柏パイレーツ(柏市)
市川インディアンズ(市川市) 5 × 0 Rookie JUNCTION(八千代市)
零(市川市) 3 × 0 テキサス(市川市)

3部Dリーグ

無礼者(西東京市) 2 × 2 M'S(上尾市)

4部Aリーグ

NineScratch(千葉市) 11 × 3 市川イーストナイツ(市川市)
ロッキーズ(柏市) 5 × 4 Buckins(柏市)

4部Eリーグ

中野東クラブ(練馬区) 6 × 3 ばいきん(さいたま市)

6部Eリーグ

BraveLights(さいたま市) 9 × 0 HIRAMAX(さいたま市)
BraveLights(さいたま市) 13 × 3 プーズ(さいたま市)