特別1部優勝戦展望

VS

両チームとも安定感抜群なエースに堅い守り、チャンスにたたみかける強打と似た点の多いチーム同士の対決となった今年の優勝戦。お互い一歩も引かないまさに力と力の勝負となりそうだ。佐川急便千葉はエースの塚本投手を中心にしぶとい野球が信条。打線も一時の不振を脱し当りが戻ってきており、完封負けしたリーグ戦のようなことはなさそうだ。ただ一つ気がかりなことは、試合後佐川は西武ドームでアークカップ決勝戦が控えている点だ。したがって、エースの塚本投手が先発で来るのかリリーフ登板かは微妙なところ。この点が試合の大きなポイントを握りそうだ。一方東京ラインプリンタ印刷は、右サイドハンドから威力ある直球を投げるエース・日比野投手に好機を逃さない集中力のある打線でここまで勝ち進んできた。その打線のポイントは1番・荒平選手。俊足好打のリードオフマンでリーグ戦の終盤レジェンド、佐川戦と大事な試合でいずれも初回の荒平選手の出塁から得点が生れている。神宮でもその好打が見られるか注目したい。互いに投手力が安定しており1点を巡る攻防となるのが必至な試合となりそうだ。